2018年07月17日

「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」

20180717「ブラック企業」.png

今野 晴貴 著
文藝春秋 出版

 ここでいうブラック企業は主に、新卒の社員を大量に採用し、いわゆる定型業務に従事させて極限まで働かせたり会社に盲目的に従う者を選別したあとに不要となった社員を自己都合退職に追い込む会社を指しています。ブラック企業の卑劣な手口を紹介し、若者にその対策を教示すると同時に政策を批判しています。

 新卒でブラック企業に入社した方々から相談を受けた経験が豊富な著者の若者に対する助言は適切だと思います。そのいっぽうで、ブラック企業を社会から排除する方法について政府を批判する論点は、狭い視野しか持ちあわせずに語っていると感じました。著者は、「低福祉+低賃金+高命令」(ここでいう命令は、会社が社員に対し下す命令のこと) から「高福祉+中賃金+低命令」へのシフトを主張しています。

 日本の GDP が伸び悩み、世界における GDP のシェアが低下の一途を辿っている状況、つまり、かつての中賃金を支えた生産現場が海外に流出してしまった事実が考慮されているようには見えません。さらに著者がいう「低福祉」を維持するだけでも、日本の平均的会社員の昇給を凌いで社会保険料が増える少子高齢化社会の状況も考慮されていないように思われます。恒常的かつ大幅な雇用のミスマッチを解消する手段もまだ模索中です。そんななか、ただ「高福祉+中賃金」を実現しようということに意味があるようには思えません。

 弱者を救おうという意気込みは素晴らしいと思いますが、国レベルのことを語るとき、国レベルの視野をもっていないと説得力は生まれないと思います。専門とする分野に話をとどめておいたほうが良かったのではないでしょうか。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

「七つの会議」

20180716「七つの会議」.png

池井戸 潤 著
日本経済新聞出版社 出版

 これまで読んだ池井戸作品の「下町ロケット」と「陸王」には、頑張れば報われるといった、理想が現実になったようなヤングアダルト風の雰囲気に占められていたのですが、これは違っていました。

 会社内の不正の始まりや隠蔽の進行が描かれているのですが、名立たる企業の不正や隠蔽が次々と発覚している昨今の状況を照らしあわせると、ありあまるほどのリアリティと醜悪さが見えました。

 毛色の違う作品を書いても、この作家がうまいと思うのは、深刻な不正が行われた会社内にいるキャラクターに幅を持たせ、会社員なら誰でも自分に近い存在を見つけられるようになっている点です。たとえば、5 年間事務職として勤め、業績らしい業績を残せないまま会社を去る決心をした若手女性社員なども登場し、不正や隠蔽とは別次元で奮闘します。

 また、不正に加担しながら、のうのうと逃げおおせる者がいるいっぽうで、不正に加担しないことで冷や飯を喰らい、そのうえ不正の後始末を担う者も登場します。読者は、自分と同じだと思ったり、羨望を感じたりするキャラクターが容易に見つけられると思います。そうした工夫が、読者をストーリーにうまく引き込んでいるように見えました。

 そのなかで、「下町ロケット」や「陸王」と同じ路線で、理想を語る人物も登場します。不正の隠蔽で貧乏くじを引いた副社長の田舎に暮らす父親に『仕事っちゅうのは、金儲けじゃない。人の助けになることじゃ。人が喜ぶ顔見るのは楽しいもんじゃけ。そうすりゃあ、金は後からついてくる』と語らせています。

 やはり理想を書く作家のようです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

「60分でわかる! 仮想通貨 ビットコイン & ブロックチェーン 最前線」

20180710「60分でわかる!仮想通貨」.png

仮想通貨ビジネス研究会 著
株式会社ブロックチェーンハブ 監修
技術評論社 出版

仮想通貨とブロックチェーン」を読んだあとなので、目新しいことは少なかったのですが、ブロックチェーンの機能のひとつを知って驚きました。

 それは『スマートコントラクト』という機能です。あらかじめ定められた条件に従って仮想資産を自動的に移転させる仕組みを『スマートコントラクト』というそうです。

「仮想通貨とブロックチェーン」では、ブロックチェーンの活用についてフィンテックを挙げていましたが、金融業界以外でも、エスクロー取引が求められるような場面は多いと思われるので、この『スマートコントラクト』は、今後期待できる機能ではないでしょうか。コストが障害になってエスクローは無理だという場面で『スマートコントラクト』が活用されれば、モノやお金の流れが変わるような気がしました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

「リセット」

20180709「リセット」.png

北村 薫 著
新潮社 出版

スキップ」と同じく、時を巡って不思議なことが起こる作品です。

 ただ「スキップ」と違って、登場人物の感情に寄り添うことができました。その不思議なできごとが、わたしの身にふりかかったとしたら、登場人物と似たようなことを感じ、似たような行動をとったに違いないと思えました。

 それ以外にも「スキップ」より「リセット」のほうを好ましく思った理由があります。

 時が、第二次世界大戦中、戦後、現代と移り変わっていくなか、それぞれの時代で鍵となるモノや歌などが登場し、時代と時代が結びつけられるような仕掛けになっているのですが、そのつながりを辿っていくことが楽しかったことがひとつです。

 もうひとつは、辛く厳しい戦時下の淡い恋が、長い年月を経て実るという結末で、読後感が爽やかだったことです。

 ここでの「リセット」は、ゲーム慣れした子供たちが死を軽く「リセット」と呼ぶのとは違って、果たせなかった夢を果たすもう一度のチャンスのように、耳に心地よく響きました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

「この一言で「YES」を引き出す格上の日本語」

20180704「格上の日本語」.png

山口 謠司
幻冬舎 出版

 これまでに読んだ日本語をテーマにした本は、多いほうだと思います。そのほとんどは、誤用 (あるいは正しい日本語) といった観点で数々の単語が紹介されたものでした。それらと違ってこの本は、ふたつの単語のニュアンスの違いを理解するとか、単語の来し方や単語を構成する漢字の本来の意味を知るとかといった視点で書かれてあり、わたしの目には新鮮に映りました。

 たとえば『日本』。『にほん』とも『にっぽん』とも読みますが、読み方がこれまで決められてこなかったのはなぜか、といったことが、発音の移り変わりとともに説明されています。

 もともと『日本』は、700 年頃『ニェットプァン』と発音されていたと推測されるそうです。『日本』とは、唐王朝から名づけられた国名であり、中国語で読めばそういう音になるというのが根拠です。そして繰り返し発音され『ニッポン』に変化したのではないかと考えられています。それが 1000 年頃『パ、ピ、プ、ペ、ポ』という発音が『ファ、フィ、フゥ、フェ、フォ』と変わったのを機に『ニフォン』へと変化し、さらに江戸時代に現在とほぼ同じ『ニホン』になったとされています。

 そして昭和の時代、1934 年に『日本』の読み方を『ニッポン』に統一しようという動きがあったそうです。力強く響く国名にしたいという軍の意向から生まれた案です。しかし、皇室を中心とした和歌の世界が促音を嫌い、濁点や半濁点、促音のない世界こそが和語の伝統だと反対し、統一されませんでした。

 ありとあらゆる外来語をカタカナで日本語に取りこんでしまっているいま『和語の伝統』の意味を問いたい気分ですが、反対があったからと、国名の読み方をはっきりせずにここまで来たのは、いかにも日本らしいと思えました。

 この『日本』に限らず、それぞれ丁寧な解説で新しい発見がありました。ただ、タイトルにある『格上』という観点には、疑問を感じました。日本語のなかに格上も格下もないと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

「判決の誤差」

20180703「判決の誤差」.png

戸梶 圭太 著
双葉社 出版

「人を裁く準備はあるか?」「瞠目の法廷ミステリー」という帯に騙されてしまいました。こういうのをブラックユーモアというのかわかりませんが、下品な人々がひたすら下品に走る群像劇といったところです。

 裁判員制度は、裁判員になった人たちに相当の負担を強いるものであり、その裁判員がここまで茶化され続けるというのは、読後感が悪すぎました。この作家の作品はもう読まないと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

「ピルビスエクサ」

20180702「ピルビスエクサ」.png

佐藤 志津香 著
幻冬舎 出版

 前かがみでパソコンに向かってしまう、足を組んで坐ってしまう、そういう習慣から姿勢が悪くなってしまい、なんとかしなくては……とは思っていたのですが、エクササイズが苦手な身としては、なかなか行動に移せずにいました。

 そんなわたしにとっても、この本に載っているエクササイズは難しいものではありませんし、畳の部屋やフローリングに敷くラグ・マットの類があれば、すぐ始められます。(100 ページほどの本のうち、エクササイズそのものを説明しているページは、半分もないほどです。)

 そうはいっても、なかなかその気になれませんでした。

 重い腰をあげる気になったのは、著者の写真が気になっていたからです。エクササイズを始める前と後では、見違えるほどの変化が見てとれました。そして実際に身体を動かしてみると、お通じに変化があらわれ、毎日とはいきませんが、しばらく続けてみようかという気になりました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

「恋する日本語」

20180620「恋する日本語」.png

小山 薫堂 著
幻冬舎 出版

 普段あまり使われない日本語、著者がちょっといいなと思ったことばを使って、短い恋のお話が仕立てられています。

<<<<<
同窓会で、
昔のボーイフレンドと再会した。

帰る方向が一緒だったので、
タクシーでうちの前まで送ってもらった。
でも、着いたところで……
今の彼と偶然、はちあわせ。

彼は「今のは誰?」と
私に尋ねることもなく、
ただ、「おかえり」と笑顔で迎えてくれた。

私は彼の、そんなところが大好きだ。
>>>>>

 このお話ができたのは、『赤心』ということばから。赤心は、「偽りのない心。人を心から信用して、 全く疑わない心」。

 とてもシンプル。世の中すべてがこれほどまっすぐならいいのに、と思うくらいに。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

「ノーベル賞の真実 −いま明かされる選考の裏面史−」

20180619「ノーベル賞の真実」.png

アーリング・ノルビー (Erling Norrby) 著
井上 栄 訳
東京化学同人 出版

 タイトルを見て、各ノーベル賞の受賞者が決まるまでの紆余曲折が数十年経って明かされるといった内容を期待していましたが、少し違っていました。

 期待通りだったのは『数十年経って明かされる』点です。ノーベル委員会での審議内容は、外部からの影響を受けないで公正さを維持するために完全な秘密にされ、ノーベル文書館に保管された記録文書は、50 年経つまで公開されません。ノーベル生理学・医学賞委員会の常任および臨時委員を約 20 年務めた著者のノルビー氏は、受賞年 1960 年〜 62 年を中心にノーベル生理学・医学賞に絞り本書を書かれています。(本書の出版は、2018 年 3 月ですが、原書を執筆された時点では、1963 年の記録文書は公開されていないため、最新の記録文書がもとになっているといえます。)

 期待と少し違っていたのは、『受賞者が決まるまでの紆余曲折』の部分です。審議内容に触れ、候補者の授賞に至らなかった理由、何度も候補にあがりながら長期間授賞が見送られたり、どのジャンルのノーベル賞を授賞するか検討されたりした方たちも明かされていますが、受賞者の生い立ちや研究のきっかけから始まり、研究の経過や挫折など、受賞に至る道筋のほうが詳しく書かれています。(この分量でも、原書の一部は割愛されているそうです。)

 ときには難しい内容に音をあげそうになりましたが、概ね興味深い内容でした。自分が生まれる前に起こったこととはいえ、自分がいま生きているこの世界は、これらの研究がなければ違った世界になっていたと素人でも想像できるからです。

 一番印象に残っているのは、1960 年のバーネットとメダワーの共同受賞です。メダワーは、ある日、皮膚移植を必要とするほどの火傷の患者を目の当たりにしましたが、当時は一卵性双生児間しか皮膚移植ができませんでした。それをきっかけに、メダワーは、人体が他人を区別する精巧な力に気づき、自己と非自己を区別するメカニズムの研究を始め、ノーベル賞を受賞します。こうして免疫の仕組みがわかり、それを抑制することが可能になり、いま当たり前に行われている移植が実現されたわけです。

 そのメダワーは、自叙伝でこう語っています。

<<<<<
分解的発見 (analytic discovery) とは、すでに存在することが知られている領域の地図を描くことである。たとえば、結晶構造をもつと理論的に考えられている分子の結晶構造を明らかにすることである。これとは反対に合成的発見 (synthetic discovery) とは、その時点では存在が知られていない領域へ入ることである。その例は免疫寛容、 GvH 病や、リンパ球は赤血球と同様に循環している細胞であるというジェームズ・ゴワンズの発見である。
>>>>>

 そして著者は、合成的発見こそがノーベル賞に値すると述べています。

 ノーベル賞の発表に注目している方には、お勧めしたい本です。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

「仮想通貨とブロックチェーン」

20180618「仮想通貨とブロックチェーン」.png

木ノ内 敏久 著
日本経済新聞出版社 出版

 バランスのよい入門書だと思います。仮想通貨が抱えるリスクや現行法におさまらない難しさ、資金移動の観点から見た優位性などがひととおり網羅されているだけでなく、ブロックチェーンの仕組みやメリット・デメリットなども説明されています。

 ブロックチェーンの成り立ちには、当然ながらサトシ・ナカモトが紹介されています。そのなかに、サトシ・ナカモトが 2009 年 2 月に仲間に宛てたメッセージの一部が紹介されていました。

<<<<<
現行通貨の根本的問題は、強固な信頼がなければ機能しないのにそうなってはいないことだ。中央銀行は通貨の価値を貶めないという信頼が必要なのに、(権力が発行する) 法定通貨の歴史をみれば、こうした信用を裏切ったケースは捨てるほどある。銀行は我々市民の資金を保全し、電子的に移動させるために信用されなければならない。ところが彼ら銀行家は、引当もそこそこに、信用バブルの中に我々のお金を投げ入れるのだ。
>>>>>

 こういう背景描写は、サトシ・ナカモトがブロックチェーンを設計だけで終わりにせず、実装した意図を考えるのに役立ちました。ただ、すでにあちこちで指摘されていますが、武宮誠氏に関係する記述が間違っているようです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする