2014年01月16日

「政と源」

20140116「政と源」.jpg

三浦 しをん 著
集英社 出版

「政と源」というのは、国政と源二郎という幼馴染みのふたりを指します。ずっと墨田区Y町という(現代にしては)長閑な町に住み続けている御年74歳の幼馴染みです。政は、銀行員として勤めあげたあと、妻と別居しているため、ひとりで暮らしています。一方、源のほうは、つまみ簪の職人を現役で続け、若干二十歳の若者を弟子にとり、妻に先立たれたとはいえ、毎日賑やかに暮らしています。

 この対照的なふたりのうち、寄らば大樹の陰と堅実に豊かな暮らしを目指してきた政の視点で、彼らの日常が語られるのは、政が良しとしてきた価値観が世間一般で受け入れられてきたからかもしれません。

 現役を退いた政は、娘のところに身を寄せている妻から電話一本もらうわけでもなく、孫の七五三の祝いに呼ばれるわけでもなく、銀行員時代の付きあいが続いているわけでもなく、唯一の人付き合いが政という状況にあります。高度成長時代を働いて過ごした日本の男性が多かれ少なかれその状況を理解できる立場におかれているわけです。

 一方、破天荒な源のほうは、毎日やって来る弟子の徹平やその恋人マミと食事をともにし、ときには美容師のマミに白髪を染めてもらったりもします。

 そんなふたりが共に過ごしてきた時間、そしていままさに続いている日常は、滑稽なような、悲哀を帯びているような、なんともいえない味わいを醸しています。三浦 しをん独特のくすっと笑える場面が、子供にかえったようなふたりの掛け合いに似合っていて、読んでいるあいだ、Y町に幼馴染みを身近に感じられます。

2014年01月15日

「死神の浮力」

20140115「死神の浮力」.jpg

伊坂 幸太郎 著
文藝春秋 出版

死神の精度」で登場した千葉という死神が長篇で大活躍します。

 人間の言動を熟知していない千葉の的外れな発言は「死神の精度」でも、たびたび眼にしましたが、今回は、その見事な外れっぷりに前回以上に笑ってしまった気がします。というのも、千葉が今作で<死ぬべきときにある人間かどうかを>調査している対象の男性は、小学生の娘を殺され、その殺人犯が無罪判決を得て出所してきたところを妻と一緒にいたぶり殺そうとしているのです。そんな追い込まれた状況にある夫婦と仕事ゆえに夫婦に張りつく千葉のギャップが、なんとも言い難い空気を生んでいます。

 夫妻は、邪悪の化身ともいうべき犯人に様々な罠を仕掛けられ、追い込まれていきます。千葉は、そんな夫妻に張りついて調査するために、夫妻の役に立てるよう努めます。常識的に考えれば、これから罪を犯そうという人間が、見知らぬ他人をそばに置いておきたいわけがありません。しかし、千葉が夫妻の役に立てるよう努力する以上に千葉は、夫妻の役に立ち、無事1週間の調査を終えることができます。

 その1週間の進展は、山あり谷ありで、読んでいて退屈する暇もありません。張られた伏線がきれいに回収されて、読後感のいい終結を迎えます。世の中の理不尽を当然のことと冷ややかに見るだけでなく、悪あがきしてみるのもいいかもしれないと、束の間しみじみしました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

「新生の街」

20140113「新生の街」.jpg

S・J・ローザン (S.J. Rozan) 著
直良 和美 訳
東京創元社 出版

 リディアとビルが活躍する「チャイナタウン」「ピアノ・ソナタ」に続く第三弾です。視点がリディアに戻って、ニューヨークのチャイナタウンならではの話題が復活しています。

 このシリーズをここまで飽きずに読む進められてきた理由を考えてみました。まずは、物語の構成のバランスが心地よいことだと思います。たとえば、リディアを通して、駆け出しの探偵の苦労を察することも、中国系移民の立場を知ることもできますし、ビルを通して、探偵として一人前になるまでの道のりを垣間見ることも、白人の立場を想像することもできます。

 それより何より、リディアとビルが活躍するこの(携帯電話どころかポケベルを買うのにも決断を要する)時代に、若い女性であるリディアが自ら見つけだしたやりたいことをやり遂げるために、家族や男性陣と闘う姿に共感を覚えるからだと思います。そして、そんなリディアを仕事上のパートナーに選んだビルも好ましく見えます。

 そんなことに思いが至ったのは、今作では、リディアのほかにも自らが選んだ道を進もうと奮闘する姉妹が登場するからです。姉と妹は、性格も違えば、目指すものも違いますが、ふたりとも自分が欲しいものがはっきりとわかっている点に好感がもてました。

 次の作品も読んでみたいと思います。

2014年01月09日

「おめざめですか、アイリーン」

20140109「おめざめですか、アイリーン」.jpg

キャロル・ネルソン・ダグラス (Carole Nelson Douglas) 著
日暮 雅通 訳
東京創元社 出版

おやすみなさい、ホームズさん」に続くアイリーン・アドラー探偵シリーズです。しかし、今作では、アイリーン・アドラーは、自分たち夫婦が事故死したという誤った報道がなされたのをいいことに、夫とともに別人として暮らしています。新しく得た名前は、アイリーン・アドラー・ノートン。女優として歌手として表舞台に立てなくなったアイリーンは、夫のゴドフリーを従えて、謎解きに奔走します。ワトソン役のペネロピー・ハクスリーも、もちろん同行します。

 今回も前回同様、論理を組み立てるより、体当たりを基本方針とするアイリーンは、怪しいと睨んだ人物の胸に犯人にあると目される入れ墨があるかを確かめようとします。しかし、時代は19世紀。女性が結婚相手でもない男性の肌を見るなんてことがそう簡単にできるわけがありません。あの手この手を駆使するアイリーンは、微笑ましいような頼もしいような……。

 前作と同じく、やはりこのシリーズは、この時代背景、つまり女性が置かれた窮屈な環境がうまく作用していると感じました。そして今作は、ホームズが果たす役割がぐんと小さくなり、アイリーンの物語として立ち上がった印象を受けました。(巻末の解説によると、このあとすでに6作が出版されているようです。)

 ミステリとしてはそう印象に残るシリーズではありませんが、経済的に恵まれながらも社会的には自由の乏しい19世紀に生きる女性のちょっとしたアドベンチャーとして楽しめる作品だと思います。
posted by 作楽 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

「フラテイの暗号」

20140108「フラテイの暗号」.jpg

ヴィクトル・アルナル・インゴウルフソン (Viktor Arnar Ingólfsson) 著
北川 和代 訳
東京創元社 出版

 不審死を遂げた男性の遺体が発見されるところから物語が始まるので、フーダニットとして読み進め、手口や動機を想像してしまいがちですが、そうすると肩透かしを喰らう羽目になってしまいます。

 この物語の舞台となっているのは1960年のアイスランド、しかも首都などの大きな街ではなく、僅か数十人が住むフラテイ島です。海に囲まれ、資源が少なく、若者が出ていく島には、アイスランドで代々受け継がれてきた中世の詩や物語をまとめた『フラテイの書』の復刻版があります。そしてその書に記されているサーガをもとにして1871年に作られたフラテイの暗号と呼ばれるなぞなぞと一緒に保管されています。

 自然の恵みを受けることに感謝し、自然とともに伝承物語を受け継ぐ人々の生活がこの本には描かれています。そしておそらく著者がもっとも伝えたかったこともそこにあるようです。本格ミステリを読みたい方向けではありませんが、アイスランドの自然や歴史に触れたい方にはお勧めのミステリです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする