2016年03月27日

「世界を回せ」

20160327「世界を回せ」.jpg

コラム・マッキャン (Colum McCann) 著
小山 太一/宮本 朋子 訳
河出書房新社 出版

 1974年8月7日、世界貿易センターのツインタワーの間、高さ400メートルのところにワイヤーを張り、命綱もなしに1本のポールでバランスをとりながら男がビルの間を渡った実話を1本の糸として、同時代を生きたさまざまな人(こちらはフィクション)もそれぞれが1本の糸となって、紡がれたような物語です。どれが縦糸なのかどれが横糸なのか、織りあがったときにどの色が目立つのか、読み終えてみなければわからず、読む人によって織りあがりのイメージも異なるような作品です。

 さまざまな人々が交わったり、交わらなかったりしながら、物語が進行しますが、数多い交わりのなかでも、クレアという裕福な白人女性とグロリアという貧しい黒人女性が出会い長きにわたって友情を育む関係が、わたしがイメージする全体の構図では、ひときわ目立っていました。1970年代という時代において、それは、高さ400メートルのワイヤーを渡るのと同じくらい難しいことだったはずです。

 この物語に登場するのは、高さ400メートルのワイヤーを渡るほど注目はされなくても、それぞれ困難を乗り越え、自分なりの価値観で生きた人々です。そしてそれぞれの人物がしっかりとした個性をもっていて、いまも回り続ける地球のどこかで実際に存在しているところをイメージできそうなくらいです。わたしには、クレアとグロリアが30年近くものあいだ、どのように互いを思いやったかが見えるようでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする