2016年12月23日

「A.E. あるいは希望をうたうこと」

20161223「A.E. あるいは希望をうたうこと」.png

新実 徳英 著
アルテスパブリッシング 出版

 まずは、内容より何より、その文体に惹きつけられてしまいました。語りかけるように柔らかく、それでいてしっかりと主張が伝わってくる文体は、カタカナがうまく取りいれられ、文末のバリエーションが豊富で、著者の個性がしっかりとあらわれています。

 タイトルにある A.E. は、After the Earthquake のことだそうです。東京を拠点に作曲活動をする著者にとってのEarthquakeは、2011年の東日本大震災です。この震災を風化させないために震災以降の作品番号には、A.E.を振っているそうです。

 和合亮一氏が震災の混乱と恐怖を詩というかたちで発し、それに共感した著者が作曲してできあがった《つぶてソング》は、よく知られていますが、そのほかにも著者の活躍は広範囲におよびます。わたしが驚いたのは、《音楽法要》です。現代語に訳された伽陀・三帰依文・回向に著者が音楽をつけて法要とされたそうです。著者は、「親しみ易い歌があって、集うごとにそれを歌うのは宗教活動にとって必要」と、さらりとおっしゃっていますが、読経にとってかわる音楽をイメージできないので、この音楽法要はぜひ聴いてみたかったと思います。

 そういった音楽活動について、わたしなどは、才能ある著者を羨む気持ちになりますが、著者は、音楽は「もらうもの」と表現しています。「自分の周りにこれだけたくさんの生命がいて、それぞれに霊性があって、そういうところに住んでいるんだから、それから多くのことをもうらうことができる」と思ったそうです。そういう謙虚さが、著者のこの文体を生んだのかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする