2017年01月27日

「日本語どっち⁉」

20170127「日本語どっち⁉」.png

北原 保雄 著
金の星社 出版

問題な日本語」の著者が書いた本なので、読んでみました。期待とは少し違って、こちらは対象読者の年代が、少々低めに設定されているようです。高校生あたりではないかと思います。

 AとBを提示して、タイトルにあるように、どっちが正しいか問い、正解を説明する構成になっています。

 読者層が高校生くらいかと思って読み始めたものの、A/Bの選択を間違えてしまったものが、いくつかありました。

『一段落』。これの読み方として正しいのは、次のどちらでしょう。A.いちだんらく、B.ひとだんらく。

 正解は、A.いちだんらく、のほうです。

「一仕事」(ひとしごと)「一安心」(ひとあんしん)「一苦労」(ひとくろう)といった読み方に影響されたのではないかと著者は分析しています。まさにわたしのことです。

『さわり』。この言葉の意味として正しいのは、次のどちらでしょう。A.物語や歌、芝居などの最初の部分。出だし。B.物語や歌、芝居などの、いちばんの見どころや聞きどころ。

 正解は、B.いちばんの見どころや聞きどころ、のほうです。

「さわり」は、もとは人形浄瑠璃で、義太夫節以外の流派の節を取りいれた部分のことだったそうです。その部分が最高の聞かせどころだったことから、見どころ、聞きどころの意味で広く使われるようになったとか。ずっと昔からも間違えて使っていたなんて、恥ずかしい話です。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

「バルカンをフィールドワークする―ことばを訪ねて」

20170126「バルカンをフィールドワークする」.jpg

中島 由美 著
大修館書店 出版

 これも「ガセネッタ&シモネッタ」を読んで、見つけた本です。実際に読んで思ったのが、「そもそも、これ、いつの本?」出版は1997年で、フィールドワークに出かけた最初の時期は1978年から1980年です。まず、時代を感じました。しかし、それが悪いというわけではありません。そういう時代だったなぁ、と感慨を覚える部分もありますし、そういう時代だったんだ、と新たな知識を得ることもあります。

 しかし、一番の醍醐味は、はるか遠い日本という国から、わざわざユーゴスラビアまでマケドニア語を研究しに来た日本人を迎えた現地の人たちとの交わりではないかと思います。この本自体は、ユーゴスラビアという多彩な民族や言語を抱える国において、言語がどのような影響を与え合ったかを地理的に解明しようという言語地理学の観点からフィールドワークを実施するというものですが、日本人にとってユーゴスラビアはあまり馴染みがない地方なので、この本を読むことによって現地の方々の文化、習慣、料理など、楽しめると思います。

 そういえば、「石の花」でも出てきたあれが、また出てきました。

<<<<<
 ユーゴスラヴィアといえばその頃は例の数合わせ、「七つの国に囲まれ、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字があって、でも一つの国家」というのが自慢だった。
>>>>>

 "その頃は"というのは、著者が最初に研究のためにユーゴスラビアを訪れた1978年から1980年のことです。その後、時代は移ります。

<<<<<
 一九九一年マケドニアが独立を宣言すると、国名をめぐってギリシアから横槍が入った。ギリシアが問題にしているのは「マケドニア」なる名称を「他人」が使うことであり、長年我がマケドニア国を「スコピエ政府」などと呼んできた。とはいえマケドニアがユーゴスラヴィア連邦の一部である間は、表だった外交問題に発展することは稀だった。ユーゴスラヴィアの黄金期には、ギリシアでバカンスを過ごす人も多かったし、スコピエの悪友どもも何かあると車を仕立ててソルン(テッサロニキ)までショッピングに出かけていたものだ。
 いよいよ「マケドニア」が正式国名として旗揚げされると、両者の関係は一気に悪化した。アトランタ・オリンピックにも登場した「旧ユーゴスラヴィア・マケドニア共和国」という妙な国名は、国連が承認に踏み切るにあたって、ギリシアとの妥協のために考え出した苦肉の策である。片や旧連邦を引き継いだ国は「新ユーゴスラヴィア」だというのだから、ややこしい。
>>>>>

 政治的に新しい国の誕生は難しそうですが、新しい言語の誕生という観点から見ると、興味深いです。著者はマケドニア語の父といわれるコネスキ氏とも直接親交があったそうで、伝聞ではないよさで解説されています。そもそも、ひとつの言語が近代において作られるというのは、あまり例のないことでしょう。そういう希少性からも、マケドニア語誕生秘話とその後の経過はなかなか興味をそそられる話に仕上がっています。

 もうひとつ興味を惹かれたのは、著者が帰国子女などではなく、日本語を母国語として生まれ育ち、大学生時代までユーゴスラビアに行ったことがないということです。実は、フィールドワークと聞いて思ったのは、子どもの頃どういうところで育った方なんだろう、ということだったからです。わたしは、おとなになってから習得した言語では、データがとれるほどには聞き取れないと思っていたのです。そのことについては、著者も説明の必要性を感じられたのか、ある程度説明されています。それでも、正直、信じられません。結局、著者の努力が桁外れだったのだろう、という結論が妥当に思われました。

 世界は広いのに、人が見られる世界は小さいものだな、と寂しさを感じてしまいましたが、こうやって本があることによって広がる世界もあるのだと再認識しました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

「パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記」

20170125「パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記」.jpg

田丸 公美子 著
文藝春秋 出版

 米原万里氏のエッセイにたびたび登場する本書の著者田丸氏は、文中でシモネッタという名前でも呼ばれていました。もちろんシモネタからきています。

 そのため田丸氏=シモネタのようなイメージがあったのですが、このエッセイに登場するのはもっぱらイタリア語通訳の第一人者としての顔のほうです。

 イタリア語通訳の第一人者だけに、通訳として付き添う相手も錚々たる顔ぶれで、一般聴衆から見えない部分のエピソードは興味をそそられました。また、海外留学がいまほど当たり前ではなかった時代に『ぶっつけ本番』といってもいい通訳者デビューを果たした度胸には感嘆しました。

 日本で接する機会の多い英語や中国語ではない『イタリア語』通訳としての苦労は、米原氏のロシア語通訳に通ずるものがあって、わたしにとっては目新しいエピソードでもありませんでしたが、イタリア滞在中の出来事などはやはりイタリアというお国柄が出ていて楽しめました。

 通訳は、スピードを求められる仕事だけに緊張や不断の努力を強いられるのでしょうが、適度に散りばめられたユーモアのおかげで、自慢話が鼻につくことのないエッセイになっています。イタリアや通訳という仕事に興味のある方が軽い読み物として選ばれると、いいかと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

「大坂侍」

20170124「大坂侍」.png

司馬 遼太郎 著
講談社 出版

 東京出身の友人から面白いと薦められ、読みました。筋書き、人物描写、歴史的背景など、色々な面で安定している司馬遼太郎らしい短篇集です。わたしから見て、他の司馬遼太郎作品に比べて、友人に勧めたいと思うほど面白いわけではないのですが、東京出身者からすると、ここで描かれる大阪人の価値観が珍しかったのかもしれません。

 この短篇集に収められているのは、以下です。

−和州長者
−難波村の仇討
−法駕籠のご寮人さん
−盗賊と間者
−泥棒名人
−大坂侍

 このなかでも、「難波村の仇討」と「大坂侍」は、気質というか価値観の点で大阪人(あきんど)が侍とは違っていることが目立っています。

「難波村の仇討」の時代は幕末で、ある侍が、兄の仇を討とうと備前岡山から上方にやってきたところ、その仇の使いを名乗る者から、仇討ちのゆるし状を売ってくれと頼まれます。この仇は、帯刀するあきんどのように描かれているのですが、自分を殺しにきた侍に対し、田舎には帰らず、貰った金で知らぬ土地でうまくやっていけばいいと提案しているわけです。したたかなあきんどとして描かれています。

「大坂侍」も、江戸の終わりを背景に、侍とあきんどが対照的に描かれています。こちらでは、十石三人扶持の侍が、三百年にわたって徳川幕府から受けた扶持のお返しとして征夷大将軍のもとに駆けつけると言うと、侍を慕うあきんどの娘が、三千石を用意するから、戦には行かないでくれと頼みます。そもそも、女が親や夫に従うだけの存在として描かれていません。自らの知恵で交渉する存在として描かれています。

 一見すると、なんでもかんでもお金で片づけようとしているように思われますが、あきんどとしては、合理性がないと言いたいだけのことだと、わたしは思いました。時代が大きく変わっていくときに、おいえだとか忠義だとか、ほとんど意味をなさなくなった事柄に見切りをつけるべきだと言いたいのではないでしょうか。

 そういう見方をすること自体、わたしが関西人である証でしょうか。ほかの方の感想を知りたいものです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

「第4次産業革命で一人勝ちする日本株」

20160124「第4次産業革命で一人勝ちする日本株」.png

菅下 清廣 著
実務教育出版 出版

『資産はこの黄金株で殖やしなさい』というシリーズの2017年上半期版です。12月2日に出た本で、アメリカの大統領がトランプ氏になったというニュースは盛り込まれています。

 わたしは、株式売買には馴染みがないのですが、この第4次産業には興味があり、どのような企業の名前が挙げられているのか気になり、読んでみました。前半は、第4次産業革命全般について説明があり、後半は、著者が押す株式銘柄について、個々に説明がされています。推奨銘柄は、4つにグループ分けされてあり、ローリスク・ローリターンタイプから、ハイリスク・ハイリターンタイプまで、幅広く取り揃えられています。そのため、投資に興味にある方にとっては、実践的な内容ではないでしょうか。

 わたしが興味を持っているAIが、どういうかたちで日常に入り込んでくるのか、どのような企業がリードするのか、といった類のことは細かく説明されていないのですが、第4次産業革命は、わたしが思っていた以上にスピード感をもって、進むという印象を受けました。(あくまで、政府の高い行動力を前提とした著者の予想です。)

 もし本当に、東京オリンピックの前に、かなり大きな変化が起これば、企業の明暗も分かれるのでしょう。そこがタイトルの『一人勝ち』につながってくるようです。IoTなどの変化が、本当に目前に迫っているのなら、楽しみです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする