2017年04月09日

「JAPAN CLASS それはオンリー イン ジャパン」

20170409「JAPAN CLASS それはオンリー イン ジャパン」.png

ジャパンクラス編集部 編
東邦出版 出版

 ここ数年のあいだ、『実は、日本人(または国や製品)は、こんなにスゴかった』といったエピソードをつなぎあわせたバラエティ番組をよく見かけるようになりました。これは、その書籍版にあたります。

 ネットの匿名コメントをつなぎあわせた内容がほとんどなので「だから、何?」というのが、おもな感想です。

 それら以外では、納得できる部分もありました。ひとつは、ディズニー映画の日本語版吹き替えを紹介した記事です。唇の動きにあうよう音節に拍をあわせた違和感のない吹き替えで、母音が多く柔らかく聞こえる日本語は、やさしい雰囲気の作品の場合、もとの英語より心地よく響くようです。

 もうひとつは、MATCHAというWebサイトの運営者が考える、日本の情報を発信する意義です。消えつつあるモノやコトも含め、日本の文化を知ってもらう努力は意味があると共感できました。(MATCHAというWebサイトを知ることができただけでも、得るものがありました。)

 そうはいっても、こういった自画自賛を前面に出した書籍やテレビ番組が増えに増えているのは、あまりよい風潮には思えません。むやみと自国やその文化を卑下するのも考えものですが、内輪だけで良さを認めあうよりも、他国や他者に自分たちの良さをどのように伝えていくかという方向のほうが好ましく思えます。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする