2017年04月10日

「そうだったのか!ニッポン語ふかぼり読本」

20170410「そうだったのか!ニッポン語ふかぼり読本」.png

ジョン・金井 著
知玄舎 出版

 ロサンゼルスにある引退者ホームで日系人または日本人の方々を相手に、ボランティア活動の一環としてソーシャルアワーを担当された経験が綴られたものです。ソーシャルアワーというのは、『社交のために設けられた時間』くらいの意味ですが、ここでは、現役世代のボランティアが引退した方々を相手に話題を提供したり、(お互いに)新しいことを学んだりされているようです。

 著者は、アラ還だそうですが(この『アラ還』ということばも、日本を離れていらっしゃる日系人引退者ホームの方々にはピンとこないことばのひとつとして、取りあげられています。)、このソーシャルアワーのために、意外性があったり、話題が広がったりする知識や旬のことばなどを仕入れようと、常にアンテナを張って過ごされているのが読みとれました。その著者のボランティアが、こうして本に発展することを考えると、ほかの人のために何かをすることは、感謝以外のかたちでも自分に何か返ってくるのだと思えます。

 著者によると、こういったアメリカ国内の1年間のボランティア活動を報酬に換算すると年間3千億ドル(1ドル100円として30兆円)を超えるそうです。日本の1年間の国家予算(一般会計)が100兆円に満たないことを考えると、その規模がわかりやすいと思います。

 著者が紹介していた意外性のある話題のひとつが以下です。アメリカと日本では、日常で使う温度の単位が異なります。華氏と摂氏ですが、それぞれの由来は、発見した人物の名前を以下のとおり中国語の音にしたがって漢字にし、その最初の文字と人名に添えて敬意をあらわす『氏』をつなげたという成り立ちだそうです。さまざまな概念を、カタカナだけに頼らず日本に取りいれていた時代の工夫のひとつだったのは意外でした。

・Fahrenheit ⇒ 華倫海 ⇒ 華+氏 ⇒ 華氏
・Celsius ⇒ 摂爾思 ⇒ 摂+氏 ⇒ 摂氏

posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする