2017年06月22日

「もっと声に出して笑える日本語」

20170622「もっと声に出して笑える日本語」.png

立川 談四楼 著
光文社 出版

 笑える言い間違いなどが軽妙なツッコミで紹介されている「声に出して読みたい日本語」をもじった本です。

 頑張って思い出したものの間違えてしまった、滑舌よくいくはずが上手くいかなかった、そういったものも面白いのですが、普段パソコンに向かっているばかりなので漢字の誤変換が一番笑えました。頭をひねって考えたのか体験談をまとめたのか不明ですが、もし誰かの体験だとすると、日本語入力ソフトも文節単位で入力されると困るのだろうと、外国生まれであろうソフトウェアに思わず同情してしまいました。

正:共済課の鈴木様
誤:恐妻家の鈴木様

正:テレビの発する情報
誤:テレビのハッスル情報

正:根気よく待った甲斐があった
誤:婚期よく待った甲斐があった

正:君といると超幸せだよ
誤:君といると調子合わせだよ

正:だいたいコツがつかめると思います
誤:大腿骨がつかめると思います

正:誰かビデオとってるやついないか
誤:誰か美で劣ってるやついないか

正:あなたの顔何回も見たい
誤:あなたの顔何か芋みたい

 最後に、すごく納得したものの、頭で理解できなかったのは、以下です。
<<<<<
 木の上に鳥がいる。さて鳥はどこに?
 あなたはどこにいると思いますか。木の上空、木の天辺、木の枝。この三つが考えられるわけですが、これ誰も間違えないんだそうで、十人が十人、木の枝と答えるそうです。私もそう思いましたが、あなたも?
>>>>>

 わたしも木の枝しか思い浮かびませんでした。でも、日本語を勉強している外国人に対して説明らしい説明ができるとは思えません。なぜなんでしょう。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

「邂逅 (シドニー州都警察殺人捜査課)」

20170610「邂逅」.png

キャンディス・フォックス (Candice Fox) 著
冨田 ひろみ 訳
東京創元社 出版

 転属してきた男性刑事の視点で語られる現在の捜査、その男性刑事を相棒として迎えた女性刑事の過去、両刑事が追う犯人とその被害者の動き、その3つの軸で展開します。

 カットバック手法で描かれる女性刑事の過去は、警察官として登場したあとに読むには、驚くほど意外な内容です。その影響で読む側の感覚が麻痺するのか、凄惨な現在の事件のインパクトが弱まったように感じられるほどです。また、女性刑事の個性が強く、いろいろな問題を抱えている男性刑事でさえ相対的に霞んで見えてしまうほどです。

 警察小説で、捜査が進行している事件よりも刑事の過去にスポットが当たり、事件を語る刑事より相棒の刑事の個性が際立っているのが気になりつつ読み進めると、最後の最後で、この本のタイトル「邂逅」の意味がわかる仕掛けになっています。この一冊全体が序章といってもいいのかもしれません。

 警察小説だからといって、勧善懲悪やわかりやすい正義を期待すると、その期待が裏切られるタイプの作品だと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

「お笑い」日本語革命

20170609「『お笑い』日本語革命」.png

松本 修 著
新潮社 出版

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路」の著者です。新しいながらも日本語としてすっかり定着したことば、あるいは一般的には使われなくなった時期を経て再び頻繁に使われるようになったことばなどのうち、漫才や落語といった芸能がきっかけで広まったことばを検証していく内容です。革命というと少々大袈裟ですが、ことばの歴史とお笑いが密接に関係してきたことは確かなようです。

 検証されたことばは、以下です。

(1) どんくさい
(2) マジ
(3) みたいな。
(4) キレる
(5) おかん

 著者は、ことばに対する探究心だけでなく、朝日放送勤務という、過去の放送資料の閲覧や芸能人を相手にしたフィールドワークが実施しやすい立場も持ちあわせていて、芸能が日本語に与えてきた影響を掘りさげて検証するのに適任だと思いました。説得力ある構成で鋭い分析が披露されています。

 唸ってしまったのは、地域や世代による認識のずれに対する指摘や、最近の若者ことばと捉えられていることばが年配の知識人たちにも受け入れられているという例証です。

 いちばん驚いたのは、あの丸谷才一が(3)の『みたいな。』を使って対談した内容です。

<<<<<
丸谷才一 そうそう、吉行・円地文子・小田島雄志で。
和田誠  三人に迎えられるんですよ。
丸谷才一 そう。あれは何だか、いじめられに出ていくみたいだったな(笑)。敵がすごいんだよね。あの三人、八岐大蛇みたいな(笑)。
>>>>>


 いちばん意外だったのは、(5)の『おかん』 が、つい最近使われるようになった新しいことばではなく、時代とともに変化し、『おとん』というペアがあらわれた興味深いことばだったことです。

 読み応えのある本で、楽しい時間を過ごせました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

「浮遊霊ブラジル」

20170608「浮遊霊ブラジル」.png

津村 記久子 著
文藝春秋 出版

 この作家の作品を読むのは、「ミュージック・ブレス・ユー!!」以来、8年ぶり。こちらは短篇集で、以下が収められています。

−給水塔と亀
−うどん屋のジェンダー、またはコルネさん
−アイトール・ベラスコの新しい妻
−地獄
−運命
−個性
−浮遊霊ブラジル

 長篇を読んだときと違って今回は、ゆったりとした気分で読めました。作品の傾向としては、一番底にユーモラスな雰囲気があって、そのうえにちょっとした反省とか同情とか疑問とか、日常のどこにでもあるようなできごとが描かれているものが多かったと思います。

「地獄」と「浮遊霊ブラジル」は、どちらも死後の世界が描かれているのですが、悲壮感があるような、ないような、笑えるような、笑えないような、宙ぶらりんな状況が、コミカルに、でもところどころ真剣に描写されていました。

「地獄」の主人公は生前、平凡の極みといった日常を送りながら、ドラマや映画や小説やスポーツの試合などであまりに多くの刺激を消費していたために、地獄で罰を受けていました。なかでも、同情したらいいのか、笑ったらいいのか、微妙だと思った罰は、1日400ページのノルマで小説を読まされるものです。問題は、結末がわかりそうな部分は必ず、ごっそりページが破られている点です。それでも地獄で課せられた罰なので逃げだせず、結末のない小説を読み続けるのです。本が好きな人が考えそうな地獄で、思わずにやりとしてしまいました。

 こんな気晴らしになる短篇集なら、仕事の合い間に向いている気がします。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする