2017年09月16日

「オーケストラの指揮者をめざす女子高生に『論理力』がもたらした奇跡」

20170916「オーケストラの指揮者をめざす女子高生に『論理力』がもたらした奇跡」.png

永野 裕之 著
実務教育出版 出版

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の真似というのが、この本に対する第一印象ですが、取りあげられているのが難しそうな数学書「原論」で、それを学ぶのが女子高生となれば、わたしも難解な数学を少しは理解できるかもしれないという期待がわき、読んでみました。

 本当に基礎の基礎から始まるうえ、既出の問題にも適宜触れながら進むので、投げ出さず読み通せました。その基礎の基礎の例ですが、以下のようなギリシャ文字の読み方も載っています。そんな至れり尽くせりでも、さすがにわたしのレベルでは「原論」を理解できたと言えるには至りませんでしたが、それでも、2000年以上も前の書物がいまも読まれている理由が納得できました。

20170916 ギリシャ文字.png

 紀元前3世紀ころにユークリッドが書いたとされる「原論」に対して抱いたイメージは、無駄をいっさい排除した美しさのようなものです。異を挟む余地がまったくないよう証明され、その証明はその後の証明において最大限活用できるよう組み立てられ、直線的に高みへと登っていくようなイメージです。

 異を挟む余地のない証明を根底で支えているのは、定義、公理、公準などです。これらはいずれも、異なる考えをもちうる人たちのあいだで基礎となるルールにあたります。そのうえにさまざまな証明が重なり、タイトルにある『論理力』、つまり異なる考えをもちうる人々が認識を一にするため必要なものを欠かさず積み重ね、揺るがない共通認識を築きあげることが可能になるということを本書は伝えています。

 以心伝心といった文化をもつ日本で、あまり知られていないユークリッド原論の方針は、グローバル時代において、もっと理解されていもいいものだと感じました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする