2017年10月24日

「私小説 from left to right」

20171024「私小説」.png

水村 美苗 著
筑摩書房 出版

 わたしにとって、斬新としかいいようのない形式の小説でした。横書きで、英語の文と日本語の文が入り混じっています (日本語の文に英語の単語が挿入されたりもしています)。外国人と結婚した友人などが配偶者や子どもたちと話しているときの様子そのままに、小説のなかで会話が交わされ、独白がなされる小説というわけです。しかも『〜である』調です。

 12歳のとき、両親と姉とともにアメリカに渡り、その後およそ20年経っても大学院に籍を置きながらアメリカに暮らす、この小説のなかの30代の美苗は、帰る家(家庭という意味でもあり物理的な場所という意味でもあります) を奪われ、孤独に苛まれていると、この小説のなかで語っています。いつまでも大学院生であり続けることもできず、日本に帰るべく行動を起こすこともできず、宙ぶらりんでいる美苗が振り返る過去を読むと、日本で生まれ育った日本人が意識したこともない事柄、とくに日本人やその価値観に関係することが、いろいろ理解できました。また、日本語を拠りどころに過ごした美苗の学生時代を読めば、「日本語が亡びるとき」で著者が国語教育を充実させなければならないと力説した気持ちが以前よりわかったような気もします。

 そのいっぽうで、この小説のなかの話は、あくまでも過去のことであり、限られた環境下の話だと思わずにはいられませんでした。日本において、一億総中流時代は遠い過去になり、村や町といったコミュニティの姿も変わり、外国人労働者に頼る事業が増え、『格差社会』ということばが浸透したいま、この小説のなかの美苗が語る内容は、恵まれたお嬢さまの憂鬱に映り、現代の同世代の読者が、美苗の悩みに共感するのは難しいのかもしれないとも思いました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする