2017年12月21日

「犯罪は老人のたしなみ」

20171220「犯罪は老人のたしなみ」.png

カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ (Catharina Ingelman-Sundberg) 著
木村 由利子 訳
東京創元社 出版

老人たちの生活と推理」や「氷の女王が死んだ」と同じように老人ホームに住むお年寄りたちが主人公なのですが、受ける印象は、かなり違っています。

「老人たちの生活と推理」で始まるシリーズの老人ホームは、アメリカのサンディエゴ近郊にあり、この作品のほうは、スウェーデンのソーデル(ストックホルムから車で半時間ほど)にあるという地理的な違い以上に大きな違いは、「老人たちの生活と推理」が高級老人ホームを舞台としているいっぽう、こちらは庶民的な老人ホームのようです。

 庶民的な老人ホームのようです、などと書くと、自信がないように見えますが、実際に自信はありません。なにしろ、この庶民的な老人ホームの経営者が変わったことをきっかけに、入居者であるお年寄りたちは、自分たちの老人ホームに比べて、刑務所のほうがいい暮らしをできるなどと思い始めるのですが、主人公のメッタは、老人ホームで2DKの部屋に住んでいます。なんとも羨ましい話だと思ってしまうのは、わたしだけでしょうか。

 しかし、スウェーデンの解放刑務所と呼ばれる刑務所の待遇は、たしかに悪くありません。監視付きとはいえ、外出もできます。これはスウェーデンの一般的な話なのか、あくまでもフィクションなのか、気になったくらいです。

 そしてタイトルにあるとおり、お年寄りたちは犯罪に手を染めてしまいます。しかし、なぜか憎めず、犯罪にかかわる前よりずっと元気になったお年寄りたちをつい応援してしまいました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

「ポンド氏の逆説」

20171214「ポンド氏の逆説」.png

G・K・チェスタトン (G. K. Chesterton) 著
南條 竹則 訳
東京創元社 出版

 ミステリを読むことは、ゲームに参加することに少し似ている気がします。暗黙のルールがある程度あって、そのなかで作家は、謎を作って自ら解いて見せますが、読者はその謎解きに一歩先んじよう、つまりゲームに勝ったかのような気分を味わってみたいと思いながら読んでいるのではないでしょうか。そして解くべき謎の定番は、犯人は誰? 手口は? 動機は? といったあたりでしょうか。

 この短篇集は、それら定番の謎解きではありません。タイトルにある逆説が謎です。逆説というのは『急がば回れ』とか『負けるが勝ち』というものです。初めて聞いたとき誰でも、負けは負けであって勝ちではないと言いたくなるものだと思います。この短篇集のポンド氏は、「何も飲み物がなかったので、みんなすぐ酔っぱらいました」とか「当然のことながら、彼は脚がないので徒歩競争に勝ちました」といったことを、さらりと言ってのけます。そして、謎解きにあたる部分は、逆説の解説です。

 この短篇集には、次の作品が収められていますが、どれにもポンド氏の逆説がある程度含まれています。ただ、逆説にこだわるあまり、リアリティに欠けてしまった「恐ろしき色男」のような作品もあれば、眼の錯覚などを利用した「高すぎる話」のような得心がいく作品もあります。わたしが気に入ったのは、「恋人たちの指輪」です。しかし、ゲームのルールが特殊なので、馴染むことはできませんでした。

ー黙示録の三人の騎者
ーガヘガン大尉の罪
ー博士の意見が一致する時
ーポンドのパンタルーン
ー名前を出せぬ男
ー恋人たちの指輪
ー恐ろしき色男
ー高すぎる話
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

「あんしん健康ナビ 皮ふと健康 おトク情報」

20171207「皮ふと健康 おトク情報」.png

花川 博義 著
1万年堂出版 出版

『皮ふと健康』と謳っているので、皮ふのことが詳しく載っているのかと思いましたが、そうではなく、広く浅くアンチエイジングや健康に関することが触れられています。

 そのなかで「それは知らなかった!」と、思うことがいくつかありました。

(1) 布団などに入り込んでいる、アトピー性皮膚炎の原因となるダニは、布団を干しても殺せないので、家庭用布団乾燥機で殺し、死骸を掃除機で吸い取るのが有効だそうです。
(2) 金属アレルギーは、皮膚科のパッチテストで原因がわかるそうです。
(3) 皮膚のシミに有効なレーザーは、Qスイッチのルビーレーザーとアレキサンドライトレーザーで、著者によると、これらの機器を使っていれば、値段に関係なく効果は同じとか。
(4) 美白効果で頭ひとつ抜きんでているのがハイドロキノンという塗り薬だそうです(塗ったとき、1割程度の人に皮膚が赤くなるという副作用があります)。
(5) (4)のほか、肝斑に限っては、トラネキサム酸という成分が入った飲み薬が効果的。

 これを読んだあと、上記をネットで検索したところ、大量に情報が見つかりました。この本で興味をもったことは、ほかの情報源をあたって自分で掘りさげるといいのかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

「野火」

20171205「野火」.png

大岡 昇平 著
新潮社 出版

 戦争中の食べることもままならない辛さ、思ったことを口に出して言えない辛さ、大切な人を失う辛さ、そういう辛苦辛労を疑似体験するような小説は、いままでにも読んだことがあります。でも、そういった小説を超える凄まじさがこの小説にはありました。

 フィリピンのレイテ島で肺病にかかり、戦力外となった田村一等兵は、病院に収容してもらうことも叶わず、わずかな芋を与えられただけで放りだされてしまいます。

 極限状態に追いこまれて彷徨う田村は、飢え以外に何かを感じることも、ましてや考えることなど到底できない状況で、さまざまなことを考え続けます。その姿は、思考を手放せば、人間であることも手放してしまうかのように見えます。そこまでして考えていると、単なる幻覚や幻聴ではなく、自らの思考をイメージしたような白昼夢のような光景を眼にするようになります。

 田村の思考を読むなかで、人間とは何か、倫理とは何か、生きるとはどういうことか、いろいろ考えさせられました。わたしは、これと同じ極限状態におかれたら、人と人が殺しあう戦争などというものが起こるに任せた自分を呪い、あとは可能なかぎり何も考えずに、ひとりで衰弱に身をまかせいたいと思いました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする