2018年02月08日

「What is 和食 WASHOKU?」

20180208「What is 和食 WASHOKU?」.png

服部 幸應/服部 津貴子 監修
こどもくらぶ 編
ミネルヴァ書房 出版

 出張で来日した外国の同僚と食事に行くときなど、日本食について説明することができれば、おそらく喜んでもらえると思っても、わたしには難しくてできません。それで、この本に惹かれ、読んでみました。この本では、日常的な和食だけでなく、地方色豊かな名物料理やハレの日の料理も、薀蓄とともに紹介されていて、英訳も添えられています。(しかも日本語学習者も日本語で読めるよう、すべての漢字にルビがふられています。)

 読んでわかったのは、日本食を外国の方々に説明できずにきた理由は、知らないことが多過ぎたということです。

 知らずにいたことのひとつは、英語の語彙を使うコツがわかっていなかったことです。たとえば、きのこ。この本では、mushroomと訳されていて、しめじ、干しいたけ、えのきといった違いを説明する必要があるときは、それぞれ、shimeji mushroom、dried shiitake mushroom、enoki mushroomとされています。しめじを shimeji と呼べば、shimeji の説明が必要になりますが、shimeji mushroom とすれば、誰でもわかります。見れば納得のテクニックなのですが、考えつきませんでした。

 ほかにも、これまでウン十年ものあいだ接してきた懐石料理が、もともとは茶の湯の席に招いたお客さまに、お茶を飲む前に食べていただく質素な料理のことだったとは、知りませんでした。おなかをすかせたままではお茶をおいしく味わえないため、お茶を飲むのにさしつかえのない程度の食事を準備していたとか。この『懐石』は、禅宗のお坊さんが、懐にあたためた石を入れて、空腹や寒さをしのいだことからきたことばだそうです。こういった背景は、漢字を見ておおよその見当のつく中国系の人たちに説明すると楽しんでいただけそうです。

 これからは、外国の方々と食事に行く前にこの本を引っ張りだして、予習していきたいと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする