2018年04月09日

「オノマトペの謎――ピカチュウからモフモフまで」

20180409「オノマトペの謎」.png

窪薗 晴夫 編
岩波書店 出版

 8人の専門家がそれぞれのオノマトペに関する論点を披露しています。とりわけ面白かったのは浜野祥子氏の『「スクスク」と「クスクス」はどうして意味が違うの?』と坂本真樹氏の『「モフモフ」はどうやって生まれたの?』です。

 ひとつめの『「スクスク」と「クスクス」はどうして意味が違うの?』。まず前提として、オノマトペでは、個々の音が意味を持っていると知る必要があります。聞いたことのないオノマトペでも、なんとなく言わんとすることが理解できるのは、そのせいです。しかし、「スクスク」と「クスクス」は、同じ音を同じ数だけ使っているのに、受ける印象が違うのが不思議だという意味で、このタイトルになっています。結論は、子音の位置が 1 番目になるか 2 番目なるかで、象徴するものが以下のように違ってくるというものです。

第 1 子音第 2 子音
k/g 硬い表面 空洞、上下、内外の動き 
t/d張りつめていない表面 打撃、接着
s/z流動体、滑らかな表面摩擦
p/b張りのある表面破裂

 以下は、オノマトペを訓令式のローマ字 (例外として撥音「ん」には N、 促音「っ」には Q) を使ってあらわした例文です。

(1) 子供が階段をストン (sutoN) と滑り落ちた。
(2) 大きな葉をバサバサ (basabasa) 切った。
(3) 濡れた紙が顔にペタッ (petaQ) と張り付いた。
(4) 名人は、刀で竹をスパッ (supaQ) と二つに切った。
(5) 酒をトクトク (tokutoku) 注いだ。
(6) きつつきが木の幹をコツコツ (kotukotu) つっついている。

s は、(1) の第 1 子音で「滑らかさ」を感じさせ、(2) のように第 2 子音になると、「運動」を感じさせています。
p は、(3) の第 1 子音で「張りのある表面」を感じさせ、(4) の第 2 子音では「破裂」を感じさせています。
t は、(5) の第 1 子音で「弛緩した表面」を感じさせ、(6) の第 2 子音では「外に出る運動」をあらわしています。

 ひとつひとつ説明されると、オノマトペの場合、聞いたことがなくてもかなり正確にニュアンスが汲みとれるのは、気のせいではないと納得できます。

 次に『「モフモフ」はどうやって生まれたの?』。『「スクスク」と「クスクス」はどうして意味が違うの?』を読んだあとだったので、最近まで存在しなかった「モフモフ」という表現が伝える感触が瞬時に理解され、広く使われるようになった事実を容易に理解することができました。

 それでも、紹介されていたオノマトペの数値化プログラムには驚きました。ひとつのオノマトペを入力すると、明るいと暗い、暖かいと冷たい、厚いと薄いなど 43 の反意語ペアそれぞれに 0 から 1 の範囲の数値が表示されます。モフモフを入力すると、『やわらかい』が 0.82、『(『鋭い』の反意語としての) 鈍い』が 0.57、『(『シャープな』の反意語としての) マイルドな』が 0.56、『暖かい』が 0.54、『(『薄い』の反意語としての) 厚い』が 0.44、『(『激しい』の反意語としての) 穏やかな』が 0.42 といった納得できる数値が並んでいます。ここまで数値化できると示されると、わたしたちが音に対して何かを感じていると思っても、感性などまったく関係なく、理詰めで考えているのではないかと思わずにはいられません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする