2018年04月24日

「二十歳の原点」

20180424「二十歳の原点」.png

高野 悦子 著
新潮社 出版

 二十歳で自殺した大学生の日記が死後刊行されたもので、長年、増刷や改版を繰り返して読み継がれてきたようです。

 学生運動が活発だった時期の 1969 年 1 月 2 日に彼女が二十歳の誕生日を迎えた日から日記は始まりますが、読み始めてすぐに気づくのは、将来の夢や毎日の楽しみといった若い女性からイメージするような内容が何も見当たらないいっぽう、自分に問題を課したり、厳しい自己評価を下したり、ひたすら自分と向き合う真摯な姿が浮かびあがってくることです。

 そして半年ほどのあいだ記されたこの日記が始まる前から、常に頭の片隅に死のイメージがあったのではないかと思われる記述が散見されました。『人間はしょせん独りである』と書きつつも『独りでいるのはさびしい。恋人がほしい。』と書き、好感をもった男性について、『私が死んだら彼はどう思うのかな。』と考えていました。

 繊細な性格であると同時に観察力に優れ、自らの内面を見つめ『私は我 (が) の強くない人間である。私は他者を通じてしか自己を知ることができない。自己がなければ他者は存在しないのに、他者との関係の中にのみ自己を見出している。他者との関係において自己を支えているものは何なのか。』と、自らに問うています。

 正直な気持ちを日記にしたためつつ、毎日を送っていた彼女に「ありのままの自分でいて、いいと思います」と伝えたくなりました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする