2018年05月25日

「ベロニカは死ぬことにした」

20180525「ベロニカは死ぬことにした」.png

パウロ・コエーリョ (Paulo Coelho) 著
江口 研一 訳
角川書店 出版

 スロベニアの首都リュブリャーナに住む 24 歳のベロニカという女性が、安定した仕事もあって、ボーイフレンドもいるけれど、ただ毎日が同じだからという理由で、死のうとしたところから始まります。

 もちろん本当に死んでしまっては、物語が始まる前から終わってしまいますが、ベロニカは、ヴィレットという精神病院で目を醒まします。そこでの出会い、ベロニカが影響を受け、または影響を与えた人との交わりによって、物語が展開するのですが、「アルケミスト」ほど寓話的ではないものの、そういった雰囲気はあります。

 精神病院を舞台に『狂っている』ということがどういうことであり、どういう意味をもつかを考えるあたり、わたしには新鮮でした。ただ、そういった本筋より、スロベニアの首都リュブリャーナという、聞き慣れない街に興味がわきました。魅力的な街としてこの作品に登場するので、写真などを見てみましたが、いつか行ってみたいと思うような景観でした。この作品で『小さくもチャーミングな首都』と書かれてあるとおりだと思います。 
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

「首都圏大震災」

20180521「首都圏大震災」.png

牧野 武則 著
幻冬舎 出版

 いちおうフィクション作品ですが、著者が大学教員なので、人物や心理の描写に小説らしさはありません。内容においても、過去 (この本の出版は 2018 年 2 月) のできごとは事実がもとになっていて、タイトルの首都圏大震災のみがフィクションのように見受けられます。

 南海トラフ地震に関する情報が気象庁から発表されたといった報道に接することはあるものの、どのように観測し、予測しているか、具体的にイメージしたことがなかったのですが、この本を読むと、そのあたりのことがよくわかります。

 観測地点を決めたり、集めたデータの分析方法を決めたり、技術面での難易度が高いだけでなく、技術を有した数少ない人材を確保したり、そのための予算をうまく確保するといった調整面での難易度も高いということが理解できるよう工夫されています。

 ただ恐ろしいことに、この作品では、首都圏のビルが倒壊し、高速道路や鉄道が不通になり、証券取引所など経済の中心となっている都心でも被害が発生する大規模な地震が起こってしまいます。

 この本を読んで恐怖心が植えつけられないようにという配慮かもしれませんが、作品内の政府は、目を瞠る素晴らしい活躍をします。森友・加計問題といった、ちゃんとした社会人には考えられないような過ちを連発する政府には到底望めないような働きなので、もし本当に首都圏大震災が起こったらどうなるか、読者がそれぞれ頭のなかでシミュレーションしてみる機会が得られる作品だと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

「九十歳。何がめでたい」

20180512「九十歳。何がめでたい」.png

佐藤 愛子 著
小学館 出版

 中学生か高校生のころ、佐藤愛子の『怒り節』エッセイを読んで、笑いに笑ったことを思い出し、久しぶりに読んだのですが、昔のように笑えませんでした。

 笑えないのは、著者とわたしの考え (あるいは年齢) が近くなっていて新鮮味が欠けるからか、笑い飛ばすような余裕がわたしになくなっているからか、よくわからないと思いつつ読み進め、ふと思いつきました。かつての著者は理不尽なことがらに真剣に怒っていて、その『怒り節』が痛快で笑えたのではないかと。

 誰もが非難されないよう気を配り、そのいっぽうで些細なことを気に病み、人と人との絆を失い、正論を振りかざす現代に著者が嘆いているさまを読んでも笑えないのは当然かもしれないと思いました。

 この本がベストセラー入りをしたということは、読者もみな嘆いているのでしょうか。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

「異邦人」

20180511「異邦人」.png

カミュ (Albert Camus) 著
窪田 啓作 訳
新潮社 出版

 カミュが「ひとりの人間の仕事とは、かつて一度、はじめて心がひらかれた 2、3 の単純で偉大なイメージを、芸術という紆余曲折を経て再発見する、そのための長い道行き以外のなにものでもない」と、ある作品の序文で書いていたというのを見て、カミュの作品を引っ張りだし読んでみました。

 この小説でカミュが描いているのは、人生における『意味』に対して確固たる信念をもっている青年ムルソーです。

 ムルソーには、マリイという恋人がいて、彼女から「私のことを愛しているか」と訊かれ、そんなことは何の重要性もないと指摘しながらも、マリイが結婚したいのならしてもかまわないと答えています。仕事の場面においても、かつて野心を抱いたこともあったが、そうしたものは、いっさい無意味だということを悟ったと認めています。

 また、ムルソーは人殺しとして告発され、裁判にかけられ、母の埋葬に際して涙を流さなかったために処刑されるという理不尽な目にあいますが、それに対しても意味はないと考えています。

 ムルソーを見ていて、人生において何か意味のあることはあるのか問いたくなりましたが、『不条理の哲学』ということばを思い出しました。

 作品の最後に「私ははじめて、世界の優しい無関心に、心をひらいた。これほど世界を自分に近いものに感じ、自分の兄弟のように感じると、私は、自分が幸福だったし、今もなお幸福であることを悟った。」 と、あります。カミュが心をひらいた単純で偉大なイメージとは、おそらくわたしには見ることのできないイメージに思えました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ」

20180510「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ」.png

アンジー・トーマス (Angie Thomas) 著
服部 理佳 訳
岩崎書店 出版

 スターという名の 16 歳の高校生の視点で進むので、読み始めてすぐは、彼女が暗に告げている内容を拾えないのではないかと感じたのですが、少し読み進めると、わたしが理解できないかもしれないと思った原因は、世代の差ではなく、昔ほど表だってはいないものの依然現代のアメリカに残る人種差別やその背景の認知力の差だとわかりました。そしてさらに読み進めると、生まれも育ちもゲットーながら、両親の必死の努力もあり富裕層の子供たちに交じって高校に通っているスターの葛藤がはっきりと伝わってきました。

 いわゆるヤングアダルトに分類される作品ですが、非現実的なハッピーエンドではありません。葛藤と向き合ったスターは、自ら声をあげ行動を起こし何かを変えるため前に進むこと、世間一般のものさしではなく自らのものさしで判断し取捨選択すること、価値観を共有できる仲間であれば肌の色や貧富の差からくる溝を埋められる可能性があること、そういった数々のことがらを学び、成長しますが、厳しい現実に直面することもあります。

 ゲットーにいる自分と富裕層に交じっている自分を使い分けながらも、その自らのギャップにとまどう気持ちに共感できましたし、また人種差別をいますぐ無くすことはできなくても、自分が変われば周囲を変えることができるといった明るさに爽快感を感じました。