2018年08月06日

「ことばの波止場」

20180806「ことばの波止場」.png

和田 誠 著
白水社 出版

 有名なイラストレーターが書いた本なのですが、絵についてではなく、『ことば』について書かれています。子供のころから、ことば遊びが好きで、ことばに対する関心が高かったようです。

 子供のころに遊んだ替え歌についての考察は、考えさせられました。もちろん、好きな歌をおもしろおかしく替え歌にしたという例もありますが、著者の子供時代は戦争と重なる時期でもあり、何かを強いる歌をナンセンスな歌に替えて風刺をきかせていたという意見です。

 また、「クマのプーさん」の翻訳版を読み、原文をあたってみないと訳文だけではわからない翻訳もあると気づいたエピソードも考えさせられました。

◎The thing to do is as follows. first, Issue a reward.

 これは、イーヨーがしっぽをなくしてプーさんが探しにいく場面で、森のフクロウに相談したとき、フクロウが出したアイデアです。著者が小学生時代に読んだころ、この Issue a reward が懸賞にするという訳になっていたそうで、その直後プーさんが (フクロウはいま) 咳をしたでしょと言うのですが、話の前後が繋がらず、疑問に思ったそうです。高校生になって著者は原文にあたり、Issue の発音とくしゃみの音がかけてあったことに気づいたそうです

 エピソードとして驚かされるのはそのあとで、著者の小学校の同級生も同じ疑問をもって同じく原文にあたり、訳者である石井桃子氏に手紙を出し、『懸賞』を『薄謝』に変更するよう提案し、採用されたそうです。その同級生のことばのセンスにも驚きますが、行動力にも驚かされました。

◎A fly can't bird, but a bird can fly.

 こちらも著者が子供のころ疑問に思ったフレーズで、『スズメは はえないが ハエは すずめる』と訳されていて、bird と fly がそれぞれ『鳥』と『鳥を捕まえる』、『ハエ』と『飛ぶ』のふたつの意味をかけた遊びなのですが、『鳥』と『ハエ』を忠実に訳すことをとったために、日本語としては意味がわかったようなわからないような微妙な感じになっています。Cottleston, Cottleston, Cottleston Pie で始まるなぞなぞの部分なので、同級生のような名訳を目指して頑張ってみた著者も、なんともできなかったそうです。

 ことば遊びは、遊びといっても、なかなか奥が深いものです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする