2018年10月24日

「美しい星」

20181024「美しい星」.png

三島 由紀夫 著
新潮社 出版

 自身は火星からきた宇宙人であるという意識に突然目覚めた父親、同様に木星からきたとさとった母親、水星からきたという長男、金星からきたというその妹という顔ぶれの 4 人家族と、白鳥座 61 番星の未知の惑星からきた宇宙人だと名乗る万年助教授とその取巻きふたりのグループが対照的に描かれています。

 なぜ純文学作家が宇宙人を描くのか、理解に苦しむまま読み進めると、4 人家族の父親と助教授が地球人 (人間) について意見を戦わせる場面になります。両者は、人間と自らを切り離して考えている点も人間を不完全な存在として見ている点も全く同じなのですが、前者は人間に平和を与えて救おうと懸命になり、後者は人間を滅ぼそうと躍起になり、目指すところは正反対でした。

 両者の議論において描写された人間の本質は、作家の思想の投影であり、この作品の読みどころでもあります。この場面を読むと、これらの登場人物は、人間を外から見る存在として宇宙人である必要があったのかと納得しかかったものの、そのあとの結末を読むと、その解釈も自信がなくなりました。

 なんとなく宗教における『救い』のように見えた結末は、人間の平和を憂ういっぽうで自らはガンに身体を蝕まれ余命宣告に打ちひしがれる父親にしろ、自らを低く評価する周囲の人間に憎しみを抱き人類の滅亡を願っている助教授にしろ、あまりにも俗っぽい登場人物と相容れないように見えました。あるいは、俗っぽい普通の人たちだからこそ、あの結末だったのでしょうか。すっきりとしない読後感でした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする