2018年11月15日

「丁寧を武器にする」

20181115「丁寧を武器にする」.jpg

小山 進 著
祥伝社 出版

 著者がエスコヤマというケーキ店 (カフェも併設) を開いているのは、三田市です。関西の人間は、そこに目を惹かれます。「なぜ、三田 (さんだ) ?」「三田で、どうやって日にロールケーキを 1600 本売るの?」と疑問に思うような場所なのです。

 でも、この本を読めば、納得できます。

『丁寧』と書かれてあることがどれも『当たり前』のことだからです。でもその当たり前を継続することがいかに難しいかは誰もが知っています。だからこれほどの価値がうまれたのだと納得できました。

 もちろん当たり前のことだけではありません。たとえば、『「どんな想いを伝えたいのか」を考える』ことから商品の開発を始めるといいます。『ストーリーを商品に入れ込む』ことが不可欠だというのです。

 また、『今のように「足りている時代」は人と同じことをしていたらむしろ成功はしない』とも語っています。モノが溢れ、欲しいものがない時代に合ったポリシーだと思います。

 風光明媚な三田までわざわざケーキを買いに行って、ついでにアウトドアを楽しんで帰るという日常のイベントを作りだせるパワーのある著者だと思いますが、その著者を育てたスイス菓子ハイジの前田社長という方も秀でた方だったのだと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

「さよなら、そしてこんにちは」

20181114「さよなら、そしてこんにちは」.png

荻原 浩 著
光文社 出版

 以下が収められた短篇集です。

- さよなら、そしてこんにちは
- ビューティフルライフ
- スーパーマンの憂鬱
- 美獣戦隊ナイトレンジャー
- 寿し辰のいちばん長い日
- スローライフ
- 長福寺のメリークリスマス

 共通するのは、現実社会で異論が生まれることがらをユーモラスに描いている点です。

 テレビのバラエティ番組で痩せるとか、健康にいいとか放映された途端、それまで見向きもしなかった食品などに群がり、短ければ数日で忘れてしまって『もっとトクをする』情報へと移ってゆく消費者が多くなっているように思います。「スーパーマンの憂鬱」では、そんな消費者を相手に苦戦するスーパーの仕入れ担当者がちょっとした穴に落ちてしまいます。

 グルメ本で星がついた途端、それまで一度も行ったこともなければ知り合いから評判を聞いたこともない店の予約をとろうと懸命になる消費者も多いように思います。「寿し辰のいちばん長い日」では、ほんのひと握りの常連を相手に見栄を張るばかりで、売上がどん底の飲食店の店主がちょっとした穴に落ちてしまいます。

 情報過多時代の消費者の行動など、ちょっとしたブームに乗ってしまう流れに対して意見は分かれると思いますが、どちらが正しいというのではなく、これらの作品のようにちょっとした笑いでやり過ごすというのもいいと思います。少なくともわたし向きでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

「Y 氏の妄想録」

20181113「「Y 氏の妄想録」.png

梁 石日 (ヤン・ソギル) 著
幻冬舎 出版

 リアリティの欠片もないという欠点を覆い隠すために、タイトルに『妄想録』と入れたのかと思われるほどの内容でした。

 作品の骨格のようなものも感じられませんし、『とっちらかった』文章という印象しか受けませんでした。読むのは時間の無駄のように思います。

 この著者の本は、これから避けたいと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

「忍びの国」

20181112「忍びの国」.png

和田 竜 著
新潮社 出版

 伏線をはり、鍵となる小物を配し、意外性を埋めこみ、売れる小説をそつなく書いた作品という印象を受けました。

 一方が優勢かと思いきやもう一方が盛り返すという先の見えない展開がテンポよく続き、意外に思うものの無理がありません。登場人物の片側だけにあてていたライトをもう片側にもあてるように、心情的に無理なく転換点がつくられているように思います。

 敵の思考を読み巧みな策を練る伊賀の十二家評定衆が身内を斟酌せず策に溺れたり、わが身のことだけを考えていた下人が妻の機嫌をとるためだけに思いもしない行動に出たり、偉大な親に圧し潰された若者が本音を吐露することによって意図せず人心を掌握したり、どの転換点もクライマックスに向けてうまくつながっていました。

 また、わたしにとって意外だったのは、戦に強いだけで共感できる要素の少ない伊賀者が中心に据えられた点でした。自分たちの稼ぎしか考えない地侍に振り回された下人とはいえ、妻と自分のことしか考えられない主役というのも珍しいと思いました。

 ただ、小説の最後で、織田信長の息子に仕えた武士に『自らの欲望のみに生き、他人の感情など歯牙にも掛けぬ人でなしの血は、いずれ、この天下の隅々にまで浸透する』と言わせている点から、この作家は、現代のわたしたちの姿を伊賀者に見ているように感じられました。あるいは、伊賀者ほどは吹っ切れないものの、そうありたいと思っているわたしたちかもしれませんが、わたしにとって意外な主役であっても、多くの読者から共感は得られていたのかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

「ねみみにみみず」

20181111「ねみみにみみず」.png

東江 一樹 著
越前 敏弥 編
作品社 出版

 あちこちで書かれた翻訳家の文章が、没後編集されて日の目を見るなんてことは珍しいと思います。エッセイストとして活躍する翻訳家も数多くいますが、この著者の場合はそうではありません。訳者あとがきや翻訳 (ミステリ) 関連の雑誌に掲載された翻訳のエッセイがほとんどです。さらに、直接親交のあった方しか読む機会のなかった年賀状も収められているのは、『珍しい』を通り越しているかもしれません。

 やや古すぎる内容も含まれますが、軽妙洒脱で、読んでいて笑ってしまいます。海外作品をおもに紹介するミステリ雑誌、「EQ」に掲載された連載の一部には、こんな文章があります。
<<<<<
え〜ん、これはつまり、翻訳が悪いってことなのかよう、水曜、木曜。
労力と情熱の対価が、あまりにも安いよう、木曜、金曜。
これじゃあ生計を立てていくことができんよう、土曜、日曜。
というわけで、わたしに残されたのは月曜だけとなってしまった (意味不明)。
>>>>>

 これはデイヴ・バリーというユーモア・コラムニストが書いた本を翻訳したものの、売上が芳しくないと書いたときの一節です。こういう文章を読むと、技量はもちろんのこと、ユーモア本の売れない日本でデイヴ・バリーの翻訳に挑まれたことも含め、(ミステリだけでなく) ユーモア本を訳すのにも最適任の翻訳家だったのだと思わずにはいられません。

 わたしにとっての一番は、年賀状でした。凝りに凝った内容で、しかも、自虐ネタ満載です。一見笑えるのですが、他ジャンル用のペンネームを持ってノンフィクションの翻訳で生活費を得ながら、細々とミステリを訳していらした様子が窺え、印象に残るおもしろいミステリのあれこれや「ストーナー」のようにこの先ずっと持っていたい本を読ませていただいたことに対する感謝の気持ちが湧きました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする