2018年11月14日

「さよなら、そしてこんにちは」

20181114「さよなら、そしてこんにちは」.png

荻原 浩 著
光文社 出版

 以下が収められた短篇集です。

- さよなら、そしてこんにちは
- ビューティフルライフ
- スーパーマンの憂鬱
- 美獣戦隊ナイトレンジャー
- 寿し辰のいちばん長い日
- スローライフ
- 長福寺のメリークリスマス

 共通するのは、現実社会で異論が生まれることがらをユーモラスに描いている点です。

 テレビのバラエティ番組で痩せるとか、健康にいいとか放映された途端、それまで見向きもしなかった食品などに群がり、短ければ数日で忘れてしまって『もっとトクをする』情報へと移ってゆく消費者が多くなっているように思います。「スーパーマンの憂鬱」では、そんな消費者を相手に苦戦するスーパーの仕入れ担当者がちょっとした穴に落ちてしまいます。

 グルメ本で星がついた途端、それまで一度も行ったこともなければ知り合いから評判を聞いたこともない店の予約をとろうと懸命になる消費者も多いように思います。「寿し辰のいちばん長い日」では、ほんのひと握りの常連を相手に見栄を張るばかりで、売上がどん底の飲食店の店主がちょっとした穴に落ちてしまいます。

 情報過多時代の消費者の行動など、ちょっとしたブームに乗ってしまう流れに対して意見は分かれると思いますが、どちらが正しいというのではなく、これらの作品のようにちょっとした笑いでやり過ごすというのもいいと思います。少なくともわたし向きでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする