2018年11月15日

「丁寧を武器にする」

20181115「丁寧を武器にする」.jpg

小山 進 著
祥伝社 出版

 著者がエスコヤマというケーキ店 (カフェも併設) を開いているのは、三田市です。関西の人間は、そこに目を惹かれます。「なぜ、三田 (さんだ) ?」「三田で、どうやって日にロールケーキを 1600 本売るの?」と疑問に思うような場所なのです。

 でも、この本を読めば、納得できます。

『丁寧』と書かれてあることがどれも『当たり前』のことだからです。でもその当たり前を継続することがいかに難しいかは誰もが知っています。だからこれほどの価値がうまれたのだと納得できました。

 もちろん当たり前のことだけではありません。たとえば、『「どんな想いを伝えたいのか」を考える』ことから商品の開発を始めるといいます。『ストーリーを商品に入れ込む』ことが不可欠だというのです。

 また、『今のように「足りている時代」は人と同じことをしていたらむしろ成功はしない』とも語っています。モノが溢れ、欲しいものがない時代に合ったポリシーだと思います。

 風光明媚な三田までわざわざケーキを買いに行って、ついでにアウトドアを楽しんで帰るという日常のイベントを作りだせるパワーのある著者だと思いますが、その著者を育てたスイス菓子ハイジの前田社長という方も秀でた方だったのだと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする