2018年12月21日

「六つの航跡」

20181221「六つの航跡」.jpg

ムア・ラファティ (Mur Lafferty) 著
茂木 健 訳
東京創元社 出版

 倫理的問題を別にすれば、人間のクローンを作製できそうな現代においても、人間の記憶を自由自在に書きかえたり、ある身体から別の身体に移しかえたりはできそうにはありません。でもこの作品の社会では、人間の遺伝子を操作することも、記憶を書きかえたり移したりすることも、クローンを作製することもすべて法律の枠組みのなかで可能となっています。

 つまり人に死が訪れれば、クローンを作製し、マインドマップと呼ばれる記憶データをインストールし、新しい身体とバックアップされていたマインドマップでさらに生き続けられるわけです。また敵対する人物を誘拐して思想や記憶を書きかえ、自分の味方につけてしまうことなどもできます。

 タイトルは、ある宇宙船の乗組員六人がそれぞれ何百年かにわたりクローン人生を送った軌跡を宇宙船の軌跡、つまり航跡になぞらえてあります。六つの航跡がどう交わり、どう影響しあうのか、気になって先を急いで読みすすめました。

 それぞれの登場人物の心理的描写はあまり多くありません。それでも読んでいると色々考えさせられました。(ヒトから生まれた) 人間とクローンが争う場面では人間とクローンの違いが何か考えてしまいました。また遺伝子操作について、身体的障害などを取り除く操作は仕事として請け負うけれど、思想の操作は請け負わない人物が登場すると、遺伝子操作に善悪の境はあるのか考えてしまいました。

 そういう意味で、SF としてこの作品は成功していると思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

「PS, I Love You」

20181220「PS, I Love You」.png

Cecelia Ahern 著
Hachette Books 出版

 Holly は、2 か月ほど前に夫を亡くしてばかりで何をする気力も起こりません。ある日、母からの電話で実家に自分宛ての小さな包みが届いていることを知ります。もう何週間も実家で預かられている包みを開けると、亡くなった夫 Gerry からの手紙と 10 通の封書が入っていました。彼は、これから毎月 1 通ずつ手紙を読み、そのとおり従うことを求めていました。

 その日から Holly は毎月 1 日になるのを待ちわび、その月名が記された封筒を開け、Gerry がいまもそばにいると感じながらそこに書かれたことを実現しようとベストを尽くします。

 この小説では、29 歳という若さで Gerry と死に別れた Holly が夫からの最後の手紙を読むまでの月日が描かれています。ちょっとした旅行はパーティはあっても、非日常的なことは何も起こりません。でも、これまでも経験した何かを繰り返すことは、Gerry がそばにいたころの暮らしを Holly に思い出させ、彼女の内面をより多く映す役割を果たしています。

 また、それぞれ個性が違う家族や友人がいきいきと話し行動し、それぞれの価値観で彼女に接し、寄り添い、ときにはぶつかりあうなかで、彼女は少しずつ前向きになっていきます。特に、長兄の Richard との関係性の変化は読みごたえがありました。ほかにも、舞台となっているアイルランドの hen party や ball を楽しむ若い女性たちを羨んだりしながら読むと、470 ページもそう長くは感じられませんでした。

 お決まりのハッピーエンドとは違う、ほんわり温かい終わり方も良かったと思います。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

「わくわく数の世界の大冒険 2」

20181219「わくわく数の世界の大冒険 2」.png

桜井 進 著
ふわ こういちろう イラスト
日本図書センター 出版

わくわく数の世界の大冒険」の続編です。シリーズの最初と違って、こちらでは図形が頻繁に登場します。形の把握が苦手なので、前作ほどは楽しめませんでした。

 ただ、子供の頃すごく驚いたことを鮮明に思い出しました。その問題は、同じクラスに誕生日が同じ子がいる確率を問うものです。クラスにはせいぜい 45 人しかいないのに 1 年は 365 日もあります。同じ誕生日の子がクラスにいる確率は、奇跡が起こるのと同じくらいの確率だと思っていました。

 ご存知のとおり、45 人のクラスなら、同じ誕生日の子が 1 組もいない可能性は、1 割を切ります。自分が奇跡だと思うことが起きる確率が 9 割以上あるということです。

 あのとき、そんなはずはないと強く思ったものの、証明できない自分がただの馬鹿に思えました。意外な本で思い出に浸ってしまいました。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

「日本史「補佐役」たちの言い分 ナンバー 2 こそ本当の主役 」

20181218「日本史「補佐役」たちの言い分」.png

岳 真也 著
PHP 研究所 出版

 いわゆる補佐役だった歴史上の人物のなかから、その人物像が正しく伝えられてこなかったのではないかと著者が考えた人物が並んでいます。

 主役ではなく補佐役に着目するのは意外性があると思います。わたしは元々歴史がさっぱりわからないので、世間で捉えられている人物像すら把握できていないのですが、印象に残った人物をふたり挙げたいと思います。

 ひとりは、柳生宗矩 (やぎゅうむねのり) です。徳川家康が征夷大将軍の任にあったころ、将軍家指南役の地位にありました。柳生新陰流でその腕を鳴らしただけでなく、長男・十兵衛のような密偵を抱え、柳生新陰流の門弟を全国に配し、そのネットワークを通じて主だった大名と係わりをもち、大規模な情報組織を維持していたとか。武器戦争の時代に情報戦争を予見していたかのようで驚きました。

 もうひとりは、テレビドラマでお馴染みの水戸光圀 (みとみつくに) です。この漫遊譚の真偽は不明ですが、1657 年から 1906 年という年月を費やして編纂された『大日本史』を始めたのが水戸光圀だったのは間違いないようです。二世紀半もかかる文化的大事業を手懸けたことはもっと知られてもいいのではないでしょうか。

 両者どちらも、当時の価値観に流されず本当に価値あるものを理解していたように見受けられます。トップとは違う感性で歴史の流れをつくった人たちなのかもしれません。
posted by 作楽 at 06:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

「誰かが嘘をついている」

20181217「誰かが嘘をついている」.png

カレン・M・マクマナス (Karen M. McManus) 著
服部 京子 訳
東京創元社 出版

 タイトルの「誰かが嘘をついている」の原題は、"One of Us Is Lying" です。この Us は、殺人事件の舞台となったベイビュー高校の生徒を指しています。

 ある放課後、エイヴリーという教師が、ブロンウィン、ネイト、アディ、クーパー、サイモンの 5 人の生徒に居残りを命じて課題を与え、ちょっとしたハプニングをきっかけに生徒を残してその場を離れたあいだに、サイモンが苦しみだし、結果的に死に至ります。ピーナッツアレルギーなのに、ピーナッツオイルが入った水を飲み、ショック状態に陥ったためです。当然ながら、なぜピーナッツオイルが混入したのかが焦点になります。

 ここでわたしに効いたのがタイトルです。嘘をついている生徒が犯人だと思ってしまい、1 番怪しい人物が小説のなかで嘘と呼べるほどの嘘をついていないことから犯人ではないと思いこんでしまいました。しかしタイトルでは、嘘をついた人物が犯人だとはいっていません。また単独犯だともいっていません。

 うまく読者を誘導し、伏線を張り巡らせ、それらを丁寧に回収し、上々のミステリとして仕上がっています。

 そしてその場に居合わせた高校生それぞれが犯人が誰かを考えるなかで、自身の問題に向き合い成長していくことから、青春小説や成長物語としても読めます。

 スクールカーストということばや SNS のない高校生時代を過ごしたわたしにとっては、謎解きと同じくらい青春小説としても楽しめました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする