2018年12月17日

「誰かが嘘をついている」

20181217「誰かが嘘をついている」.png

カレン・M・マクマナス (Karen M. McManus) 著
服部 京子 訳
東京創元社 出版

 タイトルの「誰かが嘘をついている」の原題は、"One of Us Is Lying" です。この Us は、殺人事件の舞台となったベイビュー高校の生徒を指しています。

 ある放課後、エイヴリーという教師が、ブロンウィン、ネイト、アディ、クーパー、サイモンの 5 人の生徒に居残りを命じて課題を与え、ちょっとしたハプニングをきっかけに生徒を残してその場を離れたあいだに、サイモンが苦しみだし、結果的に死に至ります。ピーナッツアレルギーなのに、ピーナッツオイルが入った水を飲み、ショック状態に陥ったためです。当然ながら、なぜピーナッツオイルが混入したのかが焦点になります。

 ここでわたしに効いたのがタイトルです。嘘をついている生徒が犯人だと思ってしまい、1 番怪しい人物が小説のなかで嘘と呼べるほどの嘘をついていないことから犯人ではないと思いこんでしまいました。しかしタイトルでは、嘘をついた人物が犯人だとはいっていません。また単独犯だともいっていません。

 うまく読者を誘導し、伏線を張り巡らせ、それらを丁寧に回収し、上々のミステリとして仕上がっています。

 そしてその場に居合わせた高校生それぞれが犯人が誰かを考えるなかで、自身の問題に向き合い成長していくことから、青春小説や成長物語としても読めます。

 スクールカーストということばや SNS のない高校生時代を過ごしたわたしにとっては、謎解きと同じくらい青春小説としても楽しめました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする