2019年01月18日

「NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生」

20180118「NEVER LOST AGAIN」.png

ビル・キルデイ (Bill Kilday) 著
大熊 希美 訳
TAC 出版 出版

 グーグルマップの元となった製品の誕生 (2001 年のトレードショーで披露されたのが初イベントとなったキーホールアースビューアーという名前の製品) し、それが 2004 年秋にグーグルによって買収されたあと 2005 年 2 月にグーグルマップ (アメリカ国内の地図だけでローンチし、1 か月ほど経ってグーグルローカルに改名) として公開され、2005 年 6 月にはグーグルアースもリリースされ、その後発展し続けた 10年ほどの経緯が描かれています。

 この本には 15 年を超える歳月が収まっていますが、1 冊の本で変化のはやい IT 業界の製品も企業 (つまり人) も広く振り返るには長すぎる期間に思います。さらに、IT 業界に身をおいているわたしの目から見ると、ベンチャー企業が資金繰りで苦労したり、M&A によって異なる企業文化がぶつかったり社内政治で覇権争いがあったりといったことに目新しさを感じられず、冗長に感じました。

 だったら、もっとグーグルマップという製品だけに焦点をあて、機能や技術・開発手法の変遷に絞ったほうがおもしろかったのではないかと思います。著者は、キーホールアースビューアー時代とグーグルマップ時代の一部で、プロダクトマネージャとマーケティングマネージャを兼任していたので、アーキテクチャに疎い人々にも製品の仕組みや特徴をわかりやすく説明できたと思います。

 もしこの本がグーグルアースのリリース直後あたりにそれまでの裏話満載で出版されていれば別ですが、2018 年という出版時期を考えると、取りあげる範囲にもう少し工夫が必要だった気がします。

 そうはいっても、グーグルマップの成長物語としての部分は読みごたえがあり、そういえばそうだったと過去を振り返る機会を得たと同時に、グーグルの価値観やビジネス理論、ファウンダーたちの世界を変えるブレイクスルーを生む信念・信条を再認識できたことは有意義でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする