2019年03月22日

「世界の美しい本屋さん」

20190322「世界の美しい本屋さん」.jpg

清水 玲奈 著
エクスナレッジ 出版

 美しい本屋さんが世界中から 20 軒選ばれています。日本の書店が入っていないのはもちろん、ドイツも入っていません。パリの本屋さんは 4 軒も入っています。

 わたしが将来実際に訪れる可能性のある本屋さんという観点で 3 軒選んでみました。

◎Daunt Books Marylebone (ドーント・ブックス・マリルボーン)
 www.dauntbooks.co.uk
 ロンドンにある書店で、古い趣のある建物に入っている点も素敵なのですが、この本屋さんでは国ごとに本が並べられていて、書店をぐるりと一周すれば世界一周できるという趣向です。日本の棚には誰の作品が並んでいるか、アメリカの旅行ガイドには何が選ばれているか、見てみたい気がします。

◎Livraria Lello (レロ書店)
 www.livrarialello.pt/
 ポルトガルのポルトにあるこの書店は、見ていて溜息が出そうなほど美しいです。しかも『天国への階段』と呼ばれる階段があります。ポルトガル語などまったくできないので、書店に辿りつけるかもわからないのに、この目で見てみたいと思わせる本屋さんです。Webサイトはポルトガル語だけでなく英語版もあるのですが、お目当てが室内の壮麗な雰囲気なので、あまり役に立ちそうにありません。

◎Barter Books (バーター・ブックス)
 https://www.barterbooks.co.uk/
 ロンドンの使われなくなった駅舎にある広い書店です。駅舎の待合室だったところは、カフェになり、偉大な作家たちの巨大な肖像画が壁面を飾り、とにかく広さを活用した本屋さんのようで、外観も素敵です。Webサイトには、One of the largest secondhand bookshops in Britainとありました。

 ロンドンまで行くのなら、ウェールズにあるヘイ・オン・ワイという古書店街も行ってみたい……などと思っても、いまの引きこもり状態では難しいかもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする