2019年04月25日

「古事記と日本人―神話から読みとく日本人のメンタリティ」

20190425「古事記と日本人」.jpg

渡部 昇一 著
祥伝社 出版

 日本人の精神面の特性を古事記から読みとこうというのが趣旨です。

 まず古事記のおさらいです。最初の神様、天之御中主神 (アメノミナカヌシノカミ) 以降の初めての男女神は伊邪那岐命 (イザナギノミコト) と伊邪那美命 (イザナミノミコト) で、伊邪那美命が国を産みました。しかし、そのあと神産みのあと黄泉の国に行ってしまいます。あとを追って黄泉の国へ行った伊邪那岐命は帰ってきたあと禊を行ない、左目を洗ったときに産まれたのが天照大神 (アマテラスオオミカミ) です。その孫 (瓊瓊杵尊:ニニギノミコト) がこの世に降臨し、その曾孫が初代の神武天皇になり、現代の天皇まで続いています。

 著者は、古事記と日本人のメンタリティを具体的にどのように結びつけているのでしょうか。

 ひとつの例は、天照大神が天の岩屋戸におはいりになったとき、天宇受売命 (アメノウズメノミコト) が中心となって神前舞踊を奉じたことをあげています。天宇受売命が女神だったことから、この神話と家庭のなかのエンターテイメントの中心であった主婦を結びつけています。娯楽が溢れている現代と違って、昔は主婦を囲んで子供たちが遊びながら過ごした時間が多かったことは確かだと思います。ただ糧を得る仕事に腕力を必要とした時代に主婦がそういった役割を担ったのは、世の東西を問わず自然な流れで、古事記や日本人に限定される話ではないように思います。

 また、伊邪那岐命が伊邪那美命を追って黄泉の国へ行った際、伊邪那美命に見るなと言われたのに待ちきれず、伊邪那美命の恐ろしい姿を見てしまい、逃げ帰る羽目になってしまいました。それだけでなく、お互い報復しあい絶縁状態になるという悲しい結末を迎えたことから、著者は、見てはいけないと言われた状態にある女を見ることは禁忌にあたると説明しています。たしかに、腕力、つまり労働価値が劣る女性は、古来からその価値が労働力ではなく、若さや美しさにありました。だから美しくない、見られては困る状態も生まれますし、それを敢えて見れば軋轢も生まれます。古事記にそういった教訓が書かれてあることは確かだと思います。

 著者の解釈を読みながら、自分なりに古事記を解釈してみるのも楽しいものです。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

「世界悪女大全」

20190424「世界悪女大全」.png

桐生 操 著
文藝春秋 出版

 古今東西の悪女がこれでもかというくらい大勢登場します。読んでいると感覚が麻痺しないかと怖くなるほどです。(ただし誰でも知っている有名人は例外です。彼女たちはそのネームバリューで登場しただけで、悪女度合いとしてはかわいいものです。)ただ、膨大な数が収録されているので、ひとつひとつが記憶に残るほどではないのが救いです。

 それでも例外はあります。我が子を見殺しにするどころではなく、自らの計画で自ら手を下して我が子を殺めた女には、ことばがありませんでした。それは、のちに則天武后と呼ばれた女の話です。唐の太宗の后だった彼女は、いったん尼になったあと次の皇帝、高宗に還俗させられ寵愛を受けました。ただ高宗に后がいたので、彼女は皇后を陥れる策を練ります。子のない皇后が我が子を訪ねたとき殺したかのように見せかけるため、自ら我が子を殺したのです。そのあとも皇后を罠にかけ続け、とうとう皇后は廃位に追いやられます。

 次は、則天武后のような凄惨な逸話に比べると滑稽に見える詐欺の話です。仕掛けたのは 19 世紀のフランスにいたテレーズ・ドリニャックという女です。彼女は、大金持ちの遺産相続人のひとりだという嘘を吹聴し、ほかの相続人と法廷で相続財産を争っているかのように見せかけます。法律的に決着がつけば彼女のものになるとされる財産を担保に周囲の人々は金を貸し、高価なものを売り、彼女は 20 年以上ものあいだ、贅沢を享受しました。そしてとうとう最後に嘘が暴かれ 5 年の禁固刑を受けたそうです。20 年も騙したほうも騙したほうですが、騙されたほうも騙されたほうという気がしないでもありません。

 この手の悪事満載の本は、わたしには 1 冊で十分かもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

「笑いの方法 あるいはニコライ・ゴーゴリ」

20190410「笑いの方法」.jpg

後藤 明生 著
つかだま書房 出版

 ゴーゴリの作品のうち「鼻」と「外套」が著者の翻訳で掲載されています。わたしにとって「鼻」は、「外套」と違って『変 (へん)』としかいいようのない作品なのですが、著者の主張を読んでから「鼻」を読むと違った印象を受けます。

 著者は、ゴーゴリ作品の笑いは『諷刺』ではないと主張しています。諷刺は、ひとつの立場であり、またひとつの『思想』だと述べ、この『思想』は括弧つきのもの、つまりその時代における進歩というものの概念だと説明しています。しかしその立場も思想もゴーゴリにはなかったのだから、彼の作品は諷刺ではないという理屈です。

 では、これらの作品にある可笑しみ、笑いは何なのでしょうか。ゴーゴリは、『実話』 (つまり現実) でさえあれば、必ずそこに『滑稽さ』というものを発見することができ、その滑稽さは、人間の存在そのものにもおよぶと考えていたのではないかと著者は推察しています。そしてゴーゴリ作品の笑いは、そのような滑稽な存在としての人間、および、そのような人間と人間の関係としての現実 (世界) を捉える装置であり、構造としての笑いだったと著者は考えています。

 そんな考えを突きつけられても、自分の存在そのものの滑稽さをわたしは実感できません。もしかしたらその理由は、内側から人間を見ているから気づかないだけなのかもしれません。だから外から、この場合はゴーゴリの作品を通して見た場合、その滑稽さが見えるのかもしれません。「鼻」に登場するアクシデント自体は当たり前とは程遠いのですが、アクシデントに対する人間の反応はごくごく自然に見えることから、そう思い至りました。

 著者は死ぬまでゴーゴリについて考えがまとまることはないといっています。それほど壮大なテーマの雰囲気が少し味わえた本読みでした。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

「フェルメール 隠された次元」

20190409「フェルメール 隠された次元」.png

福岡 伸一 著
木楽舎 出版

 生物学者である著者は、大のフェルメールファンで有名なフェルメール研究家です。科学者が芸術作品を見る視点は、美術館で人混みに揉まれながら、これがあの有名なフェルメールの作品か……などと思うわたしとはまったく次元が異なり、驚きに満ちていました。

 もっとも驚いたのは、指紋の検出です。著者がフェルメールの作品に違いないと信じている 37 作品のなかには真贋が問われている作品があります。それをキャンバス上に微かに残された指紋から証明しようというのです。現在も進行中のプロジェクトのようですが、その閃きや仮説は読んでいるだけで胸躍るものでした。

 そして著者の専門分野のひとつ DNA の話題からも意外なことを知りました。DNA は、生物を作る設計図のようなものだと思っていましたが、実際は、全体像を把握する地図のような働きはありません。一部の例外を除き細胞は、それぞれ同じカタログブックを持っていて、細胞の差異はカタログのどの部品を選ぶかによって生まれるというのです。細胞の生成 (成長) 過程において、前後左右上下の細胞と相互作用の結果、相補的に差異化されていくのであって、身体の全体像を把握しているものはどこにもないということです。

 いろいろ知識も得られますが、この本の一番の売りは、巻頭に収められている 37 のリ・クリエイト作品のカラーページです。リ・クリエイト作品とは、現存の作品の画像データに対し、修復に似た補正を加え、コントラスト調整を施し、描かれた当時の作品の再現を目指すための色味を加えたものをキャンバス生地に印刷したものです。

 元の状態を正確に知ることができない以上、彩色することを良しとしない修復とは違うこのリ・クリエイトの手法に、ある修復家は「当時はどういう色味だったのかと考えるのは、知的な提案」だと評しています。作品そのものに手を加えるわけではないので、リ・クリエイト作品は歓迎される企画だと思います。

 美術品と生物を一度に楽しめる一粒で二度おいしい本でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

「見て見ぬふりをする社会」

20190408「見て見ぬふりをする社会」.png

マーガレット・ヘファーナン (Margaret Heffernan) 著
仁木 めぐみ 訳
河出書房新社 出版

 このタイトルを見て最初に思い浮かべたのは、いわゆる傍観者効果というものです。この本でも、『危機的状況を目撃した人数が多ければ多いほど、なにか行動を起こす人が減る』と説明されています。

 この本で扱われているのはもっと広い範囲で、『故意あるいは意図的な看過、意識的な回避、意図的な無関心など』を指し、イギリスでは法的概念として確立されているそうです。平たくいえば『知る機会と知る責任があったのに、そこから逃げる』ことで、薄々おかしいと思いながらマネーロンダリングや麻薬取引に加担した人に適用されるケースが多いとか。

 見て見ぬふりは、企業活動のなかでも、個人の生活でも起こっています。

 ビジネス面では『現状の罠』があげられています。著者は『現状維持は安全に感じられ、なじみがあり、慣れている』から、現実を直視できず、見て見ぬふりをするのだと説明しています。そのほか、上に認められたい一心で末端で働く人々の命を賭したコスト削減を推進する管理職など、過去の企業による数々の不正が検証されています。

 個人の生活で印象的だったのは、もしお金が一番大事と考えるようになると、見て見ぬふりばかりになってしまうということです。たしかに、人が困っているところを助けても金銭を得られないので見て見ぬふりになりますし、自分が困っているときもお金で解決するのでしょう。

 著者は、こう書いています。『金のせいで人は人間関係から切り離されてしまうのだ。周囲の人々から隔離されればされるほど、その人のうぬぼれは悪化していき、人を人とも思わぬ扱いをし、有害な文化の中で犠牲になる人々を見て見ぬふりをし、倫理に反する決断をする。』身近でこういう人を見ているので、このプロセスに納得できました。

 こんなことが起こる理由として、わたしが日頃感じるのは、企業で上長から評価され昇進昇給を受けるといった社会的報酬を追い求める人が多いことです。でも実は、化学的な報酬も原因になっているというのです。『我々は社会的な人間関係を形成したり承認されたりすると、それに刺激され、自分をすばらしいと思うようにする物質であるオピオイドが作られる (同様に人間関係が解消されると、オピオイドは作られず、我々はひどい気分になる)』と著者は、説明しています。『社会的な影響と社会的な絆は基礎的な神経化学的な意味でオピオイド依存だといえる』と精神薬理学のジャアク・パンクセックは主張しているそうです。

 結局、自分たちのそういった特性を知って、見て見ぬふりを防ぐよう意識しなければならず、性善説のような考え方ではどうにもならない問題のようです。知る機会があってよかったと思う反面、切なくなりました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする