2020年02月20日

「イケア イングヴァル・カンプラード」〜世界の大起業家から学ぶ 〜

20200220「イングヴァル・カンプラード」.jpg

フレドリック・コルティング/メリッサ・メディナ (Fredrik Colting/Melissa Medina ) 著
ジョルダーノ・ポローニ (Giordano Poloni) 絵
岩崎書店 出版

 あの IKEA の創業者の人生を絵本にしたものです。

 わたしは子供のころ、いちおういくらか伝記を読みましたが、そのなかの偉人たちに対し、自分が住む世界とはまったく異なる時代に生きた過去の人といったイメージを抱きました。しかし、この本で描かれるイングヴァル・カンプラードは、2018年まで活躍していた実業家で、同じ時代を生きた人生の先輩といった趣があり、こういう人生譚を絵本というかたちで子供たちが読むのもいいのではないかと思いました。

 薄い絵本にするために、IKEA の創業者のどのような面を切りとったのか興味深いところですが、決して裕福とはいえない家庭に生まれたこと、5 歳のころにはすでに商才が芽生えていたこと、失読症だったこと、17 歳で高校を卒業したことなど、押さえるべき情報は押さえられているようです。

 ただ古い車に乗り、仕事にお弁当をもっていくといったカンプラードのライフスタイルから『ぜいたくをしない』人だと判断し、その目的を『むだづかいをしない』ためと決めつけているのは、少し行き過ぎではないかと思いました。ビジネスパーソンとして、自分が所有する企業で働く人たちを慮っているだけかもしれません。また『ぜいたく』と『無駄』を同一視する価値観を押しつけることに対しても少し疑問を感じました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする