2020年03月12日

「サクラと星条旗」

20200312「サクラと星条旗」.jpg

ロバート ホワイティング (Robert Whiting) 著
阿部 耕三 訳
早川書房 出版

 日米の文化比較のような本かと、タイトルから勘違いをして入手しました。実は、米国のメジャーリーグのあれこれをそこで活躍する日本人選手を中心に紹介するエッセイです。普段野球を観戦しないので、メジャーリーグに渡った日本人はこんなにも多かったのかと今更ながら驚いたのですが、プレーの話題以外でも色々驚かされたことがありました。

 そのなかでも数字絡みのことは、印象に残りました。ひとつは『セイバーメトリクス (SABR metrics)』です。SABR は、Society for American Baseball Research (アメリカ野球学会) のことで、metrics は指標や評価基準を指します。統計学の一種ですが、これで選手の価値が判断されるそうです。WHIP、PAP、VORP、BIP% など、見てもわからないメトリクスばかりですが、これらを駆使して、野球経験がまったくないながら活躍する GM もいるそうです。

 もうひとつは、日本の球団の懐事情は、年間(数)十億円レベルの球場使用料で痛むいっぽう、米国の球場は、莫大な地元の助成金で支えられ、球団が多額な使用料を支払うことはないという日米の対照的な状況です。こうして球団が選手に資金を投入できる余裕が生まれ、日本の優秀な選手がメジャーリーグに移っていく事情も生まれているようです。結局のところ、地元の助成金も、球場で試合が行われることによる経済効果をもとに算出されているのでしょうから、スポーツも結局は経済活動のひとつということなのだと今更ながら気づかされました。

posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする