2008年09月12日

「夢をかなえるゾウ」

20080912[YumewoKanaeruZou].jpg

水野敬也 著
飛鳥新社 出版

 なぜ、ベストセラーになったのか? そういう疑問を抱くような本でした。たしかに、わかりやすく説明するよう苦心したことを伺わせる内容です。今まで、自己啓発本を読んだことがない人も読み終えられるようにできています。特に、象のような鼻を持ったインドの神さまが大阪弁でしゃべるあたり、個性的ですし、テンポよく進みます。

 でも、本の中でも明記されているように、同じ内容はどのビジネス書にでも載っているようなもので、目新しさはありません。強いて言えば、自己啓発本を読んでも、それを実行に移し、成功するまで、いえ、成功したあとも継続しなければ意味がない、ということを強調している点でしょうか。

 自己啓発本をいくら読んでも、読んだだけで満足していては何も変わりません。それはよくわかります。でも、だからといって、この本を読むと特別強い意思をもって実行に移す気になるかと訊かれれば、それも違うような気がします。

 ちまたで絶賛されている理由が理解できない本でした。
posted by 作楽 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック