2008年10月03日

「Undead and Unwed (Queen Betsy, Book 1)」

20081003[UndeadAndUnwed].jpg

MaryJanice Davidson 著
Berkley Sensation 出版

 Elizabeth Taylorという冗談のような名前の女性が主人公です。愛称はBetsy、年齢は30歳、趣味はデザイナーズ・シューズのコレクション、職業は元秘書。といっても、この物語が始まったときは、まだ秘書でした。それが、寝坊して会社に出勤すると、いきなりクビに。それだけではありません。そのツイていない日の夜、愛猫Giselleが雪の中、道の上にいるのを見て、家に連れ帰ろうとしたとき、車に跳ねられて、死んでしまいます。

 主人公がいきなり死んでどうなるの、という感じですが、彼女は棺の中で目を覚まします。吸血鬼になって。吸血鬼になったことで、Betsyの生活は劇的に変わります。まず、血を吸わないと喉が渇いて堪りません。一方、生前好きだった食べ物は一切食べられなくなりましたし、トイレに行く必要もありません。生前の数分の一しか呼吸しませんが、人の目にとまらないスピードで俊敏に動くことができます。目覚めるのはいつも夕方です。吸血鬼の生活はこんな感じなのか。そうリアルに思えてきたところで、Betsyは他にも吸血鬼がいることを知ります。しかも、その吸血鬼の一部は、Betsyのことを吸血鬼界のクィーンだと言い張るのです。

 そして、吸血鬼界の抗争に巻き込まれていってしまいます。

 おもしろいのは、なんといってもユーモアのセンス。笑えます。デザイナーズ・シューズ命というBetsyのキャラクター、Betsyが吸血鬼になってしまい戸籍がなくなっても生活できるように、Betsyが住む家をポーンと買ってしまう親友で資産家の令嬢JessicaとBetsyの会話。Betsyをクィーンとして仕えようとするTinaが淡々と話す爆弾発言。それぞれにみな、笑えます。

 もう死ぬこともないBetsyなのに、不思議なことに読み進めていくとハラハラしてしまう展開も。

 吸血鬼のイメージとユーモアがミスマッチで、そのミスマッチが作品のおもしろさを引き立てています。おとなが楽しめるエンターティメント作品です。
posted by 作楽 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック