2008年11月07日

英国王室

 上智大学で受講している、「クィーンズイングリッシュで学ぶ現代英国事情」シリーズ。3回めの授業は王室。

 王室の始まりは、1066年のKing William Iです。そして、1649年〜1660年に空白期間(Commonwealth of Englandと呼ばれています)があるものの、現代のQueen Elizabeth IIまで続いています。

 その現在の女王であるQueen Elizabethの正式名称を聞いて、目がまわりそうになりました。

 Elizabeth II by the Grace of God of the United Kingdom of Great Britain and Northern Island and of the other realms and territories Queen, Head of Commonwealth, Defendere of the Faithだそうです。

 しかし、その女王は意外にも大きな権力をお持ちで、驚きました。歴史や政治に疎いわたしは、立憲君主政体の女王というのは天皇陛下のようなものだと思っていました。でも、二大政党が同数の議席をとったら、女王が首相を選ぶそうです。現実でそのようなことは起こったことがないそうですが、ケアリー先生の好きなジェフリー・アーチャーの小説では、そのような事態が起こったそうです。

 ほかにも、女王は首相に意見を言うことができる、という権限にも驚きました。もちろん、意見なので、首相には首相の決断があって当然なのですが、毎週内謁(Private Audience)がもうけられるそうです。女王にとっては、左翼首相との会談はよくても、首相が右翼だと大変だろうな、などと余計なことを考えてしまいます。

 最後は、女王の住まいについて。

 (1)Buckingham Palace
 (2)Winsor Castle
 (3)Balmoral Castle

 (1)は、平日の公務に、(2)は週末の休養に、(3)は8月〜9月の夏季休暇に利用されているそうです。(1)の近衛兵の交代儀式を見に行ったことを思い出しました。そして、私有としては、Sandrugham Houseがあり、クリスマス休暇を過ごされるそうです。

 お城に住まわれて華やかかもしれませんが、やはり公務は大変なんだろうな、などと陳腐な想像をしてしまいました。
posted by 作楽 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック