2009年01月07日

福祉国家イギリス

 上智大学で受講している、「クィーンズイングリッシュで学ぶ現代英国事情」シリーズ。8回めの授業は「福祉国家イギリス」でした。

 わたしの中のイメージでは、福祉国家と言われれば、スウェーデンが思い浮んでいたのですが、講義を聴いて、イギリスも福祉国家なんだと納得しました。

 現在の英国の福祉のもとになっている法律は、1946年の"National Insurance Act"と1948年の"National Health Act"です。前者は、失業時、疾病時、死亡時の保障や年金に関わる法律で、後者は医療に関する法律です。

 昨今の不景気を見ると、失業も怖いのですが、それにもまして怖いのは健康体でなくなったとき。働けなくなり、治療を受けられなくなるのでは、と危惧してしまいます。しかし、英国の場合はそういう心配はなさそうです。"The NHS(The National Health Service)のお陰で、ほぼすべての医療を無料で受けることができます。この「無料」の考え方ですが、"Free at the point of delivery"と言われています。つまり、医療を受けるときは無料ですが、税金などのかたちで、すでに支払っているという考え方です。

 NHSの場合、各人は、GP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医に登録します。体調に異常を感じた場合、風邪でも皮膚病でも、とにかく一旦GPで診察を受けます。GPが症状から病院を紹介する仕組みです。病院で診察にあたる医者は、Hospital Specialistと呼ばれる専門医です。一般開業医でも専門医でも、治療してもらうのはすべて無料です。治療費が必要になるのは、歯科検診や眼科検診などほんの一部です。それらも、子供、老人、失業者は無料で受けることができます。

 その上、医療が無料で受けられる範囲は外国人にまで及ぶと聞いて、さらに驚きました。もちろん、治療目的で入国すれば話しは対象外ですが、英国で交通事故にあった外国人などは無条件に無料で医療を受けられるそうです。

 ここまでだと、夢のような話ですが、実際は、NHSにも問題はあるようです。一番の問題は、医療の質の低下です。費用が膨らみ、清掃などの費用がカットされ、不潔なベッドやシーツが使われたり、もっとひどい場合は、広範囲に感染が広がったりします。MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)やClostridium difficile(クロストリジウム・ディフィシレ)など、Superbugsと呼ばれる耐性の強い菌が拡大した場合は、最悪の結果になったりします。また、長蛇の列が日常化しているそうです。

 上記のような問題は、日本でも同じだと思うのですが、ケアリー先生によると、日本の病院は最高だということでした。何よりも、看護師たちの患者を助けたいという気持ちに溢れた対応の良さは英国では考えられないレベルだということでした。

 「福祉」でどこまで考えるか。最近の不況や少子高齢化の現実のなか、考えさせられる問題でした。
posted by 作楽 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック