2009年01月09日

「Takeoffs and Landings」

20090109[TakeoffsAndLandings].jpg

Margaret Peterson Haddix 著
Aladdin 出版

 わたしにとって、3冊めのMargaret Peterson Haddix作品。少し物足りなかったです。「Double Identity」や「Escape From Memory」のような、ページを繰る手を止められないような感じはありませんでした。サスペンスではなく、ホーム・ドラマ的な作品だからという理由が大きいとは思いますが。

 表紙やタイトルからわかるように、飛行機の離陸と着陸になぞらえたストーリーになっています。表紙にある飛行機の窓から見えている女の子と男の子が主人公です。女の子は14歳のLori。男の子は15歳のChuck。ふたりは兄妹です。

 8年前、ふたりの父親は亡くなりました。それを機に、両親が運営していた農場を手放し、家族そろって母親の両親のもとで暮らすようになりました。そして、母親は全国から寄せられる講演依頼に応じるため、頻繁に出張するようになりました。

 夏休みの時期になって、母親は突然、5人いる子どものうち、上のふたりである、ChuckとLoriを次の2週間の出張に同行させると言い出します。

 オハイオ州のピックフォード郡から出たことがなかったChuckとLoriは、シカゴ、アトランタ、フィラデルフィア、フェニックス、ロサンジェルスと、母親の講演についていきます。子どもたちは、大勢の人の前で盛大な拍手で迎えられスピーチする母親の姿をはじめて目にします。

 Loriは、母親が一緒に時間を過ごせないあいだ、馴れない場所で何をすればいいのか途方に暮れ、ピックフォードで居場所のあった自分を思います。そして、空虚なホテルという空間で時間を過ごす母親の暮らしがどんなものかと考えたりします。

 一方、Chuckは美術館という自分が時間を忘れて熱中できる場所を見つけます。長らく描いていなかった絵をまた描くようにもなりました。

 そして、この出張に子どもを連れてくると決めた母親自身は、しっくりこない関係を修復したいと考えていました。優等生なのに、Chuckや母親には冷たくあたるLori。太っていることをからかわれて、自分の殻に閉じこもっているように見えるChuck。父親が亡くなったとき、ChuckとLoriは仲良しでした。この旅行が、あの頃の関係に戻るきっかけにならないかと思っていました。

 しかし、普段以上にぎくしゃくとした関係のまま、離陸と着陸を繰り返す家族。そして、最後のロサンジェルスで、ひとつの山を乗り越えるきっかけが見つかります。

 14歳や15歳という難しい年頃、こんなにやすやすとハードルを越えられるかな、と思ったりもしましたが、「ほんわか」しているのは、物語としてそれはそれでいいような気もします。
posted by 作楽 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック