2009年07月10日

「光」

20090710[Hikari].jpg

三浦 しをん 著
集英社 出版

 作者が築き上げる世界観にわたしは共感できた作品でした。

 小さいながらも自然豊かな美浜島はある夜、突然襲った津波にのみこまれ、すべての家が押しつぶされてしまいます。生き残ったのは、たった六人。14歳の信之と美花、彼らの幼馴じみの輔(たすく)の三人は、家を抜け出して高台で会っていて助かりました。輔の父親である洋一と観光客の山中は海にいて、灯台守は灯台にいて災難を逃れます。

 しかし、せっかく助かった山中も、生きて島を出ることはありませんでした。それから、二十年近くの間、信之、美花、輔は接点を持たずに暮らします。しかし、ある日突然、また三人は接点を持ちます。
<<<<<
 求めたものに求められず、求めていないものに求められる。よくある、だけどときとして取り返しのつかない、不幸だ。
>>>>>

 そう語られるとおり、関わり合いになりたくないと強く願っているのに、求められる。その連鎖によって、不幸が広がっていきます。輔の父親は息子を食い物にし、輔は信之に救いを求め、信之は美花だけを愛し守ろうとします。しかし、美花は……。

 日常に何気なく起こる不幸だけに、共感できました。ひとの思い込みは、堅牢でもあり、脆くもあります。何ひとつ疑う余地がないと思っていたことも、ある日突然崩れさることもあります。津波にのみこまれた小島のように。しかし、ものごとの境界線は常に曖昧で、それらを明確に分けるのは本人の思い込みだけ。そして、その思い込みは、それぞれが違い、とても脆いもの。

 以前に読んだ「仏果を得ず」とずいぶん雰囲気が違う作品で、とまどいました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック