2009年07月29日

「Family Businesses: The Essentials」

20090729[FamilyBusinessesTheEssentials].jpg

Peter Leach 著
Profile Books Ltd 出版

 家族経営独特の問題を扱った本です。家族経営といえば、体系だてて経営を学ぶより、我が家流が重んじられる印象があります。それはこの本の著者の出身地でもあるイギリスでも似たような状況だったようです。一方、アメリカでは、その分野での研究や実践が進んでいました。それを知った著者は、イギリスにもそれらを導入し、その内容がこの本にも反映されています。

 家族経営の場合、経営における優先順位が一般の株式上場企業などとは異なるケースが多いと思います。たとえば、大きな利益を上げることよりも、長く存続し家族が代々生計を立てられることを優先するなどです。なので、やはり家族経営独特の問題を取り上げ、ベストプラクティスとされることを知るのは有益なことだと思いました。

 わたしは、経営に関わった経験もなければ、知識もないのですが、この本を読んでなるほどと思ったことが何点かありました。

 ひとつは世代交代です。まず創業者から次の世代への交代。さらに、その次の世代への交代があります。前者の場合、自分があっての会社という創業者の自負があるだけに、計画を立て円滑に承継する難しさがあります。後者の場合、創業者から見ると孫の世代にあたり、姻族も含めると家族と呼ばれる範囲が一挙に広がり、意思決定権の範囲や出資範囲などについて取り決めが必要になります。この本では具体的に考慮しなければならない点がひとつひとつ挙げられています。

 もうひとつは外部支援の活用方法です。やはり、ある程度会社規模を大きくするにあたっては、外部の力を有効に活用する必要があります。その際の注意点も述べられています。

 日本の企業数全体から見たとき、家族経営を基盤とする中小企業あるいは零細企業が数の上では一番多いと思います。しかし、今は大手企業でさえ存続が難しい時代になっています。こういう理論を積極的に取り入れ、少しでも安定した経営を目指すことは大切なような気がします。
posted by 作楽 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック