2009年10月30日

「As Simple as Snow」

20091030[AsSimpleAsSnow].jpg

Gregory Galloway 著
Berkley Trade 出版

 ある女子高生が失踪し、彼女のボーイフレンドがその謎を解こうとした軌跡が描かれた作品。

 いろいろ不思議な感じがする作品で、とても印象に残りました。失踪した女子高生アンナは、ボーイフレンドが通っていた学校に転校してきます。そして、それからすぐ、1500人ほどもいる街の住人ひとりひとりの死亡告知記事を書き始めます。そして、ひとり残らず書き終わったとき、アンナは行方不明になります。その間、7ヶ月ほどの間に、アンナは語り手であるボーイフレンドと付き合い始め、語り手はアンナのさまざまな面を知ります。アンナの失踪後、語り手は思い出を手繰りながら、アンナの行方を知ろうとします。

 高校生という一番若さがあふれている年代のアンナが、人間の一生を死亡告知記事に凝縮させるという作業をこつこつ続けていくのは不思議な感じがします。アンナは、死にこそ人のドラマがあるといい、まだ生きている人の死を想像して書きます。

 また、アンナは古い音楽や文学が好きで、生まれた時代を間違えたといいます。米国で人気のあったフィーディーニーという奇術師がいました。彼は、母親を亡くしたあとも母親と話したいと切望し、霊媒師を訪れます。しかし、友人のアーサー・コナン・ドイルは霊媒師は手品師のようなものだと種明かしをします。それを聞いたフィーディーニーは落胆し、妻とのあいだにふたりだけの暗号を決めます。似非霊媒師に騙されないように。アンナは、それと同じ暗号をボーイフレンドとの間に決めようといいます。ふたりだけの暗号。死んだあとも交信するための暗号。それがタイトルの"As Simple as Snow"です。そんな逸話を知っているだけでなく、実際に暗号を決めようとするのは、不思議な感じがします。

 しかし、失踪にしろ、事件や事故に巻き込まれたうえの死にしろ、アンナがその暗号を使うことはありませんでした。

 この本はもともと大人向けに書かれたものらしいですが、実際はティーンエイジャーに人気が出たそうです。同世代でこういう子がいたら、という憧れのようなものを感じて、若い世代に人気がでたのかもしれません。ミステリアスなアンナに最後まで引っ張られました。
posted by 作楽 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック