2009年12月25日

「Summer Term at St. Clare's」

20091225[SummerTermAtStClares].jpg

Enid Blyton 著
Egmont Books 出版

 「The O'Sullivan Twins」の続きです。タイトルにあるサマー・タームというのは夏休みまでの学期です。双子のパトリシアとイザベルはこの学期で頑張れば、夏休み明けには2年生に進級できると聞かされ、頑張ります。

 しかし、この巻の主役は双子ではなく、それぞれ個性的な5人の新入生たち。サーカス団の一員として育ち並外れた身体能力をもつカーロッタ、いたずら好きで人のためには尽力するのに自分のことはあまり構わないロバータ、まだ13歳なのに15歳に混じって懸命に勉強するパメラ、ファッションなどにしか興味がないセイディー、陰で意地悪をする嫌われ者のプルーデンス。

 このシリーズを読むようになって、英国においてチャンスというものが大きな意味を持つのではないかと思うようになりました。米国人と仕事上で付き合うと、よくフェアだとかフェアでないとか話題になります。日本では、フェアに対する志向性、あるいはフェアという概念そのものが薄い気がするだけに、なんとなく印象に残る話題です。そのフェアであるということの具体的な例がチャンスが与えられる、ということのようです。

 たとえば、パトリシアとイザベルがテニスの対外試合のダブルス選手に選ばれたとき、キャプテンのベリンダは新入生のロバータに補欠選手にならないかと訊きます。それは、一所懸命練習に励むのであれば、補欠選手に選んであげるということです。ロバータは練習が面倒で断ります。といいながら、ロバータはいつもパトリシアとイザベルの練習に付き合ってサーブの練習相手になっていたりするのです。

 そして、試合当日、アクシデントにより補欠選手に出番が回ってきます。それまで優勢だった試合は、どんどん不利になり、結局負けてしまいます。周囲は、ずっと双子の選手と一緒に練習してきたロバートが補欠であれば、いきなり選手交代になっても勝てたのではないかと言います。それはベリンダの判断を責めるように聞こえます。なぜ、ロバータにチャンスが与えられなかったのか、と。もちろん、ロバータなら勝てるとは決められません。ただ、ロバータに任せてみてもよかったのではないかという意見です。

 しかし、ロバータだけは知っていました。ベリンダからチャンスが与えられようとしていたのに、それを取りにいかなかったのは自分だと。その後、ロバータは経験を重ね、チャンスと活かす大切さを学び、積極的に勉強やスポーツに励むようになりました。

 この本の登場人物は15歳くらいなので、ロバータが努力するようになったら結果もすぐ出ました、という結末になっています。でも、もし結果が出なかったら、どうなったのでしょうか? テストの点数などは比較的シンプルですが、スポーツの試合などは相手のレベルによって勝つために必要とされる力に差異があります。負け続けても、チャンスは与えられたのでしょうか?

 チャンスやフェアというものを別の本で考える機会があればいいなと思います。
posted by 作楽 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Young Adult) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック