2010年01月14日

「大阪の文化と笑い」

20100114[OsakanoBunkatoWarai].jpg

井上 宏 著
関西大学出版部 出版

 講演や雑誌などへの寄稿をまとめた本です。そういう成り立ちなので仕方がない面もありますが、重複内容があまりに多いので、飛ばしながら読むのがいいようです。

 関西の文化に接していると、言われるまでのことはないと思う内容もありますが、目新しく感じる点もありました。

 ひとつは、漫才を類型化する試みです。ここでは、8つに分類されています。(1)洒落 (2)悪態 (3)ホラ (4) 脱線 (5)混線 (6)屁理屈 (7)真似 (8)狡猾です。こういう分類をしてみようというのは、なかなかおもしろい試みだと思います。よく目にする芸人さんを思い浮かべながら、分類に当てはめてみたりと楽しめました。

 もうひとつは、ことばと笑いの関係についてです。大阪弁は「ほとんどすべて『笑い』というものに結びついていく可能性をもっている」ということです。大阪弁で話すから、笑いにもっていきやすいという発想をもっていなかったので、新鮮に感じました。この考えは、「大阪ことば学」という本で紹介されているようなので、こちらも読んで、どういう大阪弁が笑いのもとになっているのか、たしかめてみたいと思います。
posted by 作楽 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(関西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック