2010年01月15日

「図説 世界シンボル事典」

20100115[ZusetsuSekaiSymbolJiten].jpg

Hans Biedermann 著
藤代 幸一/伊藤 直子/宮本 絢子/宮内 伸子 訳
八坂書房 出版

 聖書や神話にあまり馴染みがないので、それらに関連して特定のものや動物に特別な意味があっても、わかりません。そういうときは、こういうシンボル事典が使えるそうです。図書館員の方に教えていただきました。

 ページを繰りながら思わぬ発見に出会うということもできますし、海外の小説などで納得できないようなときのリファレンスとしても使えます。

 巻末には図版もありますし、インデックスが充実しているので、リファレンスとしてよくできていると思います。この事典を知り、シンボル事典が多岐にわたって出版されていることをはじめて知りました。もう少し手頃なものがあれば、手元に欲しいです。
posted by 作楽 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(欧米文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック