2010年02月22日

「Red Handed」

20100222[RedHanded].jpg

Gena Showalter 著
MTV 出版

 ティーンエージャー向けロマンスです。

 舞台は近未来。宇宙戦争のすえ平和協定を結んだことにより、異星人も地球に居住する権利を得ました。しかし、殺戮を繰り返す不届きな異星人も多く、そんな奴らはA.I.R.という組織が自由に退治できる決まりでした。

 主人公のフェニックスは、17歳。ドラッグに溺れてしまい、母親によって矯正施設に送られてしまった過去をもち、母親に認められたいという強い気持ちを抱えながらも、たったひとりの家族である母親とうまくいかない日々を送っていました。

 そんなある夜、ドラッグで意識が朦朧とする女友達と屋外で過ごしていたとき、異星人に襲われてしまいます。命を落としてもおかしくない状況なのに、意識もはっきりせず戦えない友達を守るためにフェニックスは必死に戦います。そこに、A.I.R.のエージェントがあらわれ、ふたりは九死に一生を得ます。

 しかし、異星人に殺されかけたことをフェニックスの親に知られたくないA.I.R.は、殺されかけてぐったりとしているフェニックスを母親に届ける際、敢えて理由を説明しませんでした。その結果、母親はフェニックスがドラッグでぐったりしていたのではないかと疑います。

 一方、A.I.R.は、フェニックスの異星人との戦いぶりに感嘆し、A.I.R.のエージェント育成所に引き取れないかと母親に持ちかけます。母親はドラッグに娘が溺れていると思いこみ、育成所に娘を入れてしまいます。

 フェニックスは母親の信頼をえられなかったことを悲しみながらも、認められる存在になることを目指します。そうしてフェニックスは育成所で成長を遂げるとともに、恋に落ちます。

 残念ながら、ロマンスの相手があまり魅力的に映らず、わくわくと読み進めるというわけにはいきませんでした。異星人も登場するし、もう少しどきどきやわくわくがあると良かったのですが。
posted by 作楽 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック