2010年09月21日

「1Q84 BOOK 1」

20100921「1Q84BOOK1」.jpg

村上 春樹 著
新潮社 出版

 そこまで部数を伸ばさなくてもいいような気はしますが、売れているのは納得できます。先の展開を知りたいという欲求がかきたてられる要素が絡み合っています。ひとつは登場人物ひとりひとりが個性的であるだけでなく、言いしれぬ影があることです。もうひとつは、二手に分かれている登場人物たちが社会的立場や志向の点でまったく違い、その二手がどう交わり、どういう出来事を引き起こすのか想像しづらいことです。

 物語は、ふたりの語り手によって交互に語られています。語り手のひとりは、青豆という変わった名前の29歳の女性。表向きはジムでマーシャルアーツのトレーナーをしていますが、裏では必殺仕事人ばりのお仕事をしています。もうひとりは、塾で数学講師をしながら、小説家デビューを目指している天吾という29歳の男性。

 青豆が人を殺めたりするのは、ある年配女性から頼まれるからです。その女性は、虐げられ続け怯えて暮らすしかない女性たちを守るため奔走し、どうしてもほかに手段が見つからないときだけ最終手段として青豆に頼るのです。青豆が、その女性の考えに賛同するのは、彼女の過去の経験に響くものがあるからです。

 一方、天吾は、自分を小説家として育ててくれている編集者小松から、ある話を持ち込まれます。それは、新人賞に応募されてきたある作品−−荒削りな文章ではあるものの、人の心を攫んで話さない不思議な世界を描くファンタジー−−を影で書き直すというもの。小松は、その作品の作者はとても美しい17歳の女の子で、もし芥川賞を受賞すればいやでも話題になり、本は飛ぶように売れると請け合います。しかも、その17歳の女の子は、うまい文章が書けるようにはならないとも確信していて、三人の力をあわせて芥川賞を受賞しようと持ちかけるのです。その小説に魅入られた天吾は、取り憑かれたように、元の作品と誠実に向きあいつつ書き直します。

 影の仕事をし、心に暗闇があるという共通点があるふたりの語り手はいつ出会うのか、そして何が起こるのか、次のBOOK 2が気になります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック