2010年10月18日

「Fur Person」

20101018「FurPerson」.jpg

May Sarton 著
W W Norton & Co Inc 出版

 たった9歳の少年が今まで読んだなかでこの本が一番おもしろかったという手紙を自分に送ってきてくれたと、メイ・サートンのエッセイで披露されていたので、読んでみました。

 メイ・サートンがパートナーと住んでいた家に、野良猫が住みついた実話がもとになっています。物語はその野良猫の価値観で展開していくため、家の主人であるはずのメイ・サートンやそのパートナーは「家政婦」と呼ばれていたりします。つまり、自分の食事を用意したりする召使いだという猫の視点です。たしかに猫って、犬とは違って、そういう風に考えているんだろうなと思うような鷹揚さがある気がします。

 また、ヨガの運動(猫が伸びするしぐさは確かにそう見えます)をしたり、新聞を読み込んだり、しっぽの垂直具合やリズムで気分をあらわしたりするあたり、日々見かける猫から思い当たることばかりで、読んでいて9歳の少年が惹きつけられた魅力がわかりました。

 最高なのは、この猫には紳士猫になるための十か条があることです。そのうちわたしが特に猫らしいと感じたのは次の二つです。

一.名前を呼ばれても筋肉を動かしてはならない。聞こえなかったふりをせよ。
一.怖い目にあったときには、退屈しているふりをせよ。

 近所の野良猫が突然近くに飛んできたボールが当たりそうになったとき、一瞬びくっとしたあと、優雅に尻尾を立ててその場を立ち去ったときのことを思い出したり、友人の飼い猫の名前を呼んだとき、下々の者の相手はしてられませんといった風情で無視されたことを思い出したりしました。

 猫好きの方なら、そうそう、と頷きながら読まれるのではないかと思います。
posted by 作楽 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック