2010年11月04日

「Winter Frost」

20101104「WinterFrost」.jpg

R.D. Wingfield 著
Transworld Publishers 出版

 「Hard Frost」の続編で、シリーズ5作目です。5作も読むと、このシリーズがなぜ好きなのか、さすがに自分でもわかってきました。

 ひとつは、警察という組織のなかでそれなりに窮屈で自由な日々を送っている主人公フロストに共感できるからです。たとえば、職場でフロストが板挟みになっている状態には無理なく感情移入できます。上司マレットは、部下の安全より自分の出世のほうが大事だと思っていることを隠そうともせずコスト削減を厳しく要求してきますが、フロスト自身は部下の行動にも責任を持とうと頑張っているあたり、自分の身と重ね合わせながら、応援したくなります。しかしその一方でフロストは、事務処理がからきしだめだったり、時も場所も選ばない品の悪い冗談を次々と口にしたり、身だしなみに気を配らなかったりと、社会人としてどうかと思うようなところは、笑えるだけでなくわたしもここまで気楽にやってみたいと少しばかり羨ましい気分になったりもします。

 もうひとつは、複数の事件がてんでばらばらに進行しているように見えつつどこかで一部が交わりあったりしながら、なかには呆気なく解決するものもあったり、七転八倒の苦しみの末に解決するものもあったり、フロストの冴えた推理のおかげで解決するものもあったり、フロストが越えてはいけない一線を越えて無理やり解決するものもあったり、ひとつひとつ違った様相を見せながらも目にした事件がすべて終結していくさまが好きなのだと思います。

 それで今作なのですが、相棒がいつもとは少し違います。どちらかといえばフロストを慕っているのですが、いつか取り返しのつかないことをしでかすという不安を感じさせるタイプで、爆弾を抱えているようなハラハラ感が味わえました。

 事件の解決に関していえば、あっさりと解決するものとどこまでも運に見放されてしまうものの落差が前作以上に大きくなった気がします。フロストは刑事としての立場が危うくなるところまで追いつめられてしまうのですが、誰もを責めるでもなく冷静にフェアに振る舞っていて、またまた共感してしまいました。

 ハズレのないシリーズです。
posted by 作楽 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック