2006年06月14日

「神田神保町古書街―エリア別完全ガイド」

20060614「神田神保町古書街」.jpg

毎日新聞社 出版

 関西から関東に引っ越してきて、「そんなに集まらなくても・・・」と思ったのが、月島のもんじゃ焼き屋と神保町の古本屋。同じお店がここまで大規模で集まっているのを見るのは初めてだったので、圧倒されました。

 特に、月島の地下鉄の駅から上がってすぐのところで、「お店はお決まりですか?よかったら、ご紹介します。」と元気よく声を掛ける人々には驚きました。つい、「え?あ、いえ。」みたいな、訳のわからない返事を返してしまい、結局は、なんとなく繁盛してそうな雰囲気のお店に吸い込まれてしまいます。

 一方、神保町では、駅に近いところから、一軒一軒、お店を覗いてしまいます。でも、欲しい本に巡り合うまでに、足が棒になって、「こんなにたくさんお店があっても、好きな本があるお店がわからないと、お店がないのとあまり変わらないなぁ。」とへたり込みそうになってしまいます。

 この「神田神保町古書街」は、そんな私が神保町で見つけたガイドブックです。それぞれのお店が得意とする分野やこだわりが、紹介されています。私が探していた本を扱うお店もこのガイドブックで見つけました。各本屋紹介や古書街マップのほか、古本屋に関連する読み物もあり、楽しめます。中でも、「神保町古書街看板娘 VS マドンナ対談」という若手女性の対談では、色々古本屋さんの事情が垣間見れます。私が「そうそう」と強く頷いてしまったのは、古本屋には、週末は休むし、夕方は早く閉めるし、普通の会社員が行けない店が多い、というものでした。

 「そうだ、そうだ。もっと商売っ気を出して、土日も夜も営業して、月島みたいに探しているお店を案内するくらいのサービスを考えてー。ガイドブックなんか売らないで〜。」と心の中で叫んでから、気が付きました。
 あ、本を売るのが商売だから、それでいいんだ。
posted by 作楽 at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 大阪から東京へ出ていらして印象的だったのが「もんじゃ焼き」の月島と「古本屋」の街の神保町だとは…。
 東京に生まれて東京で生活していると当たり前のことだと思っていましたが、そういわれてみれば、東京にはそれと同じように同業種の店が集まっている街がたくさんありますよ。
 代表的なのが秋葉原の「電器街」。最近では電気店以外の雰囲気に変わってしまいましたが…。
・浅草かっぱ橋商店街の「厨房道具街」
・南青山の「骨董通り」
・浅草の「革製品街」
・日暮里の「生地屋街」
・日本橋横山町の「衣料雑貨街」
・浜松町の「電材屋街」
・荒川区尾久の「機械工具街」
・江東区木場の「材木商街」
・築地の「魚河岸」???
まだまだたくさんあると思います。

 歴史の流れの中で、長い時間をかけて必然的に出来たそうした街がある一方、最近ではコンセプトを明確にした大きな建物の中に強引にたくさんの店を集めた人工的な街もありますね。
 東京には人情豊かな昔ながらの街があちこちに残っているので、東京の街を好きになって下さいね。
Posted by 寛良 at 2006年06月16日 00:40
寛良さん

コメントありがとうございます!
同じようなお店が集まっているのは、月島や神保町以外にもたくさんあるんですね。ご紹介くださった中でも、特に浅草かっぱ橋商店街の「厨房道具街」はおもしろそうなので、ぜひ行ってみたいです。
東京のことは、まだまだわかっていないのですが、とても楽しいところで、来てよかったなぁ、と思っています。
もしよろしければ、このサイトにまたお立ち寄りくださり、色々教えてくださいね。
Posted by 作楽 at 2006年06月17日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック