2006年09月26日

「素敵に生きる365の方法 -シンプル&スピリチュアル生活の智慧」

20060926[SutekiniIkiru365noHouhou]365.jpg

マドンナ・ゴーディング 著
井口 智子/ハーパー保子 訳
技術評論社 出版

 何かのきっかけで、自分の今の生活をこのまま続けているべきではない、と思うことがよくあります。たとえば、地球温暖化やオゾン層の破壊に関する記事やニュースに出合うと、もっと電気を節約しなければいけないと思います。また、土壌汚染や残留農薬の恐ろしさに関する特集を見ると、口にするものにもっと気を配るべき、安心には対価が必要と思い知らされます。

 ただ、私の場合、そういうことは一過性で、すぐに忘れてしまいます。

 そういうタイプの人にお勧めなのが、この「素敵に生きる365の方法 -シンプル&スピリチュアル生活の智慧」。もし、不必要な衝動買や無駄使いなどをやめ、会ったこともない人も含めた人との関わりを大切にし、シンプルに心豊かに生活を送りたいと思ったことがある人なら、きっとこの本の中に心に響くページがあると思います。

 1ページごとに、古今東西の印象深い一節が紹介されています。それに、著者のコメントが付け加えられ、全部で365ページあります。誰もが一度は名前を聞いたことがある有名人のひと言だったり、あまり有名ではないけど、心惹かれるひと言だったり。

 少し疲れたとき、何かに迷ったとき、ときどき手にとってパラパラと読み返し、自分の生活を少し見直すのに役立つ本だと思います。自分の生活を180度変える、といった大げさなことではなく、気持ちの持ち方や視点をほんの少し変えたり、生活習慣を一部見直したり、そういうことをしてみようと思うページに出合えると思います。

 シンプルな生活に対する考え方は少し前に読んだ「優雅な暮らしにおカネは要らない」と似ている部分も若干ありますが、時代や国を問わず、幅広い分野に触れている分、こちらの「素敵に生きる365の方法」のほうが奥深いように思います。また、この本をきっかけに、ある人、ある宗教、ある本に興味が広がっていく可能性もあります。

 一方、何となく敬遠したいひと言もあるので、好きなページだけを拾い読みしてます。
posted by 作楽 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

優雅な暮らしにおカネは要らない―貴族式シンプルライフのすすめ
Excerpt: お金がなくても、質素に本当に必要なモノを購入することにより、幸せになれると言っています。 お金がないよりもあった方が、やっぱりいいと私は思っています。 経済アナリストの森永卓郎氏が特別序文を寄せてい..
Weblog: pluswellの自己啓発アフィリエイト成功日記
Tracked: 2007-06-07 00:23