2006年10月23日

「本とその周辺」

20061023[HontoSonoShuhen].jpg

武井 武雄 著
中央公論新社 出版

 このブログを始めるとき、テーマに本を選んだのは、やはり本が好きだからだと思います。でも、本が好き、と言いながら、本がどういうものだか、一度も考えたことがないのではないか、と思うようになりました。

 「」を読んだときも、本の部分部分にもきちんと名前があり、その素材やデザインなどに思いが込められて世に出てくるのだと、今さらながら思いが及んだ自分に呆れてしまいましたが、今回はそれ以上のショックを受けたように思います。

 「本とその周辺」の著者、武井武雄氏は、戦中および戦後の物資のない時代に、豆本と呼ばれる小型本を私刊本として世に送り出し続けた方です。武井氏の本に対する思い入れの深さはこの本1冊を読むだけで十分過ぎるくらい伝わってきます。

 武井氏はこの本の中でこう書いていらっしゃいます。「私のところへ来て私刊の豆本をごらんになるお客さんが、十中七八までは表紙や見返しは見ないで本文の第一頁から見出すので、そのうちまず上等の部類で最後に表紙を一寸おまけとしてみるくらいのものである。」私もその仲間に入ってしまいます。本は読むもの、その中の文章のみに意味があるもの、という考えが染み付いているように思います。そのような習慣に至った経緯、つまり何か考えたという記憶さえないのです。

 武井氏は、その理由をこう書いています。「本は読むものという観念が実に牢固としてしみついていて、本全体が一つの綜合作品だなどという事は夢にも思ってみないのだ。」私に限っていえば、その通りです。

 私は、一冊の本を出すまでに注がれた思いをちゃんと受け止めていないんじゃないか、と不安でいっぱいになりました。

 その一方で、武井氏の豆本を一度でいいから手にとって見てみたいという思いが湧いてきました。物資の乏しい時代に、採算や時間の制限を考えることなく、本を通して新しいことを新しい方法で次々と表現し続けた彼の綜合作品に対する興味は尽きません。

 武井氏のような一生を垣間見ると、私の一生は無駄の塊にしか思えず、憧れを感じながらも落ち込んでしまいます。
posted by 作楽 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック