2006年10月29日

美篶堂の「ちいさな手づくり絵本展」

美篶堂のワークショップ(和装本/四つ目綴じ)に行ってきました」で紹介した美篶堂は少し変わったお店です。本来、製本を専門になさっているようなのですが、工房で前回私が参加したようなワークショップを実施しているほか、製本に関する本や工房で作成された雑貨などを扱うお店も併設されています。

20061029Misuzudo1.jpg20061029Misuzudo3.jpg

 おまけに隣のスペースはギャラリーコーナーになっていて小さな展示会が開催されています。ワークショップに参加してから美篶堂のウェブサイトを時々チェックしていた私は、今回「小さな手づくり絵本展」を見てきました。

20061029Misuzudo2.jpg

 水野真帆さんの作品展なのですが、私のお目当ては彼女が出版された「ちいさな手づくり絵本」という本に掲載されている円形の小さな飛び出す絵本を見ることでした。それなのに、残念なことにその本の中身を見ることはできませんでした。大変壊れやすいとのことで、ケースに入った状態で手を触れることもできなければ、開いた状態を見ることもできず、とっても残念でした。

 展示スペースには、水野さん自身がいらっしゃり、気さくに質問に答えてくださいました。私に引っ張られて行った友人は、彼女の作品のことを何も知らなかったので、彼女が「雑貨絵本」と呼ぶ小さなトランクに入った小さな絵本の作り方をいろいろ聞いていました。

 その後、水野さんはある男性とお話なさっていたのですが、狭いスペースのことなので、自然とおふたりの会話が耳に入ってきました。おふたりによると、最近は、豆本ブームらしいです。道理で私の目にも豆本が飛び込んできたはずです。このギャラリーでも、水野さんの豆本が1冊あったので、手に入れました。アコーデオンになっているのですが、その折り目が微妙にずれていて、きっちり同じ間隔に折れていない手づくり感が気に入っています。でも、紙質がツルツルで、書かれている絵の質感となんとなく合わないように私には感じられ、少し残念でした。やっぱり、コストの問題なのかな、などと考えてしまいました。
20061029AliceSmall1.jpg20061029AliceSmall2.jpg
posted by 作楽 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本屋さん/ブックカフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック