2006年12月22日

「打ちのめされるようなすごい本」

20061222[UchinomesareruyounaSugoiHon].jpg

米原 万里 著
文藝春秋 出版

 「必笑小咄のテクニック」に続いて2冊めの米原万里氏の本。

 何といっても、タイトルにインパクトがあります。「打ちのめされるようなすごい本」。どんな本だろうか、と想像は膨らみますが、話はこうです。

 ある作家がある本を読み、「これではもう私が書く意味がない、と思ったほどすごい本でした」と、米原氏に打ち明けます。そこへ米原氏が、そんな本より、もっとすごい、この本で、「打ちのめされなさい」と言うのです。どちらも読まずにはいられないと思わずメモを取ってしまいます。

 でも、すごい本はそれだけではないのです。米原氏の考えられない量の読書から選りすぐられた本に対し、するどい指摘や観察が加えられた読書日記や書評を読むにつれ、これを読みたい、読まなければ、という気持ちにさせられる本が次々と、しかも生き生きと目の前に現われてくるのです。なぜなら、米原氏の中で消化され、論理が組み立てられ、色々な本とその中のドラマが絡み合ってくるからなのです。

 この本を1冊読み終えた頃には、読みたい本が山積みになり、なぜもっと今までにこんなにいい本を読んでこなかったのか、という後悔に捕らわれ、今からでも間に合うのか、という焦りを感じます。そういう意味では、この本を手に取るのにも、それなりの覚悟が必要になります。

 そしてこの本のすごいところは、本に限った話題だけではありません。前半は読書日記、後半は書評という構成になっているのですが、前半の読書日記では、米原氏ご自身の癌との闘いやその備えとして読了された数々の本も紹介されています。

 ご自身が癌であるという状況にありながら、癌に関する本および医療についても、他の本に対するのと変わらない客観的かつ本質的な指摘が連なっているのを見ると、彼女の優れた判断力および精神力を強く感じます。

 幅広い知識、世界を見渡す視野、ユーモアのセンス、高い語学力、何をとっても、本当に惜しい人を亡くしたと、思わずにはいられません。
posted by 作楽 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(4) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
私も本は好きなのですが、読むのが遅くて「1日7〜8冊」と聞いただけで米原さん大尊敬でした。読みたい本がたくさんあるのになかなか手がつかず、じれったい思いをしています。
そして、私もこの本を読んでまた読みたい本が増えてしまいました。私も本にたくさん付箋がついたままです。
Posted by raizo at 2006年12月25日 08:37
raizo さん

コメントありがとうございます。
raizo さんの「本にたくさん付箋がついたまま」というのが、よ〜くわかります。私も読むのはゆっくりなので、ポツポツその付箋を剥がしていきたいと思ってます。
Posted by 作楽 at 2006年12月25日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

米原万里「打ちのめされるようなすごい本」
Excerpt: 打ちのめされるようなすごい本米原 万里 文藝春秋 2006-10by G-To...
Weblog: now and then
Tracked: 2006-12-25 08:29

米原万里 『打ちのめされるようなすごい本』 書評
Excerpt:                                        2006年(昨年)5月25日に卵巣癌により56歳で亡くなったロシア語通訳者米原万里の遺著、書評集である。週刊文春書..
Weblog: 試稿錯誤
Tracked: 2007-01-07 17:47

「打ちのめされるようなすごい本」 米原万里
Excerpt: ばーちゃるさんの所で絶賛だったのですぐに図書館予約。先日届いた。まだ途中だが、米原さんの文章はいい。「癌治療本を我が身を以って検証」をまず読む。代替療法を探し歩く中で「いちいちこちらの治療にいちゃもん..
Weblog: R-39指定/痴性派オダギリ日常雑感
Tracked: 2007-01-31 19:09

打ちのめされるようなすごい本/米原万里
Excerpt: 打ちのめされるようなすごい本/米原万里 『米原万里全書評1995‐2005。絶筆となった壮絶な闘病記』 書評というのはさらりと読めるのがいいところなのですが、これだけの分量を一度に読まされるとさすが..
Weblog: 仮想本棚&電脳日記
Tracked: 2007-06-17 08:09