2006年12月28日

「あなたをずっとずっとあいしてる」

20061228[AnatawoZuttoAishiteru].jpg

宮西 達也 作・絵
ポプラ社 出版

 友達が「母娘で泣きました・・」と日記に書いていました。「とってもいい本でした。絵本ですから立ち読みできる長さです。今度本屋さんに行ったら手にとって見てください」との推薦があったので、読んでみました。

 子供のいない私にとっても、本当にいい本でした。 愛するということ、葛藤を乗り越えること、そして愛するゆえ別れるということ、生きるという営みの中での思いがあふれている本です。

 何の説明も必要ないと思います。というより、あらすじを説明すべきではない本だと感じました。

 友達が書いているように、短いので、手にとって、ひとりひとりの感受性で受け止めてほしいと、思う本です。

 ただし、私は絶対涙を流さないという自信がある方、立ち読みして涙を流してしまい周りの人や店員に怪しまれても気にしないという方以外は、落ち着ける場所でお読みすることを私はお勧めします。
posted by 作楽 at 00:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 初めまして。Truck Backを辿って来ました。
 学生時代、私は寮生活でしたが、人の部屋の書棚を覗かせてもらうのが大好きでした。自分だったらまず手に取らなかったであろう本達が、自分とは異なる価値観で選び取られ、こうして書棚にキチンと収まっているというのが何とも面白くて…。
 プログを読ませていただいて、同じような感覚を抱いてます。こういう絵本、普段はまず視野に入ってこないだろうな。今度、本屋さんで久しぶりに絵本コーナーに足を踏み入れてみます。
Posted by CHOOT at 2006年12月30日 15:24
CHOOTさん

コメントありがとうございます。
私も友達の本棚を見て、同じ本があったりすると嬉しくなったり、意外な本があると読んでみたくなったりします。
このブログはたしかに私の本棚のようなものですね。よければまた、覗きにきてください。
Posted by 作楽 at 2007年01月08日 13:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『あなたをずっとずっとあいしてる』
Excerpt:  タイトルは、宮西達也の作・絵による「ティラノサウルス」シリーズの絵本(ポプラ社)。 作楽さんのプログで知ってから見てみたいと思って探していたんだけど、先日昼休みにふと立ち寄った会社近くの書店でようや..
Weblog: CHOOTの雑記帳
Tracked: 2007-05-27 19:04