2007年01月09日

「ミステリではじめる英語100万語」

20070109[MysteryDeHajimeruEigo100Mango].jpg

酒井 邦秀/佐藤 まりあ 著
コスモピア 出版

 むかし「SEG社会人ブッククラブの読書指導に参加してきました」にちらっと書いてしまった通り、スタンリーというお人好しで間抜けな?探偵を主人公にしたシリーズになっているミステリを原書を読むという大きな目標を掲げてしまっている私。

 いきなり、そこに到達できないので、好きなミステリを簡単なものから順々に読んでいき、気がついたら、スタンリーを原書でスラスラ読めるようになっていないかなぁ、などと夢のようなことを思っています。

 そうはいっても、簡単な英語で書かれているミステリの本を探すのは簡単ではありません。でも、お助け本がありました。この「ミステリではじめる英語100万語」です。

 読みやすさのレベルごとにミステリ本が紹介されています。しかも、シリーズものが多くを占めています。シリーズものは、登場人物がある程度固定されているため、1話が短くても、数話読めば、登場人物それぞれの個性が見えてきて楽しめるというメリットがあります。

 また、この本の著者は、本当に本が好きでこれだけの本を読んだんだろうな、と思わせる本に対する愛着が伝わってくる分、楽しい気分で読んだり、リファレンスのように使ったりできます。

 お勧めのコーナーは、ページの下にちょこっと載っているMoreInfoのコーナー。へぇ、と思うミニ知識が紹介されています。自分の英語レベルに応じて、随時リファレンスとして使っている本ですが、隅から隅まで読みたくなってしまう本でもあります。

 ちなみに、著者のひとり、佐藤 まりあさんは、東京・神楽坂で「ミステリ?なお茶会」を開催されている方です。
posted by 作楽 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック