2007年01月16日

「宇宙を貫く幸せの法則」

20070116[UchuwoTsuranukuShiawasenoHousoku].jpg

小林 正観 著
致知出版社 出版

 人に対する評価を言葉にする場合、よく聞くパターンの中に、磨けば光る宝石になるのに原石のままだという表現があります。それをこの本に当てはめたいと思います。

 内容は、基本的にいいものだと思います。誰もが心の奥底ではそうだと感じていることを思い出させてくれる内容です。

 たとえば、「すべての人間関係は、その人がその人であるという、そのことをまるごと受け入れるということ」と書かれた後、「分かり合おうとか、説得して理解をしてもらおうとか、思わないほうがいいようです。相手をまるごと認めると、互いに楽になれるのです」と結んでいます。

 相手を理解したつもりに一瞬なれたとしても、またわからない部分が出てきて、終わりのない道を歩いているような気になることがあります。人は時間とともに変わっていくし、置かれた状況によっても変わっていきます。それを常に追いかけ続けていくことは空しいと感じることがあります。そういう私の感覚を見透かしたような内容に、はっとします。

 要するに、人に対して、自分を理解してもらうという期待を持ったときから不幸なのです。最初からそれを期待しなければ、幸せなのです。

 このような内容が簡潔に並んでいて、その通りだと共感しながら読めます。

 ただ、そういう意味のある内容をきちんと伝えようという努力のあとが見受けられない本なので、磨く必要はあります。たとえば、文章の一部を強調したいとします。そのとき、その部分を太字にすることはひとつの手段でしょう。でも、太字にし、文章の途中に重複して挟み込むなどという馬鹿げたことをするのは、ページ数を水増しする以外の目的が思い当たりません。太字になっていない文章のすぐあとに、同じ文章が太字で唐突に挟み込まれていて、読みやすい読者がいるでしょうか。

 本のボリュームや価格は商業出版である以上、大変重要なことはわかりますが、いくらなんでも、少しは構成というものを考えたほうがいいと思います。ある講演の内容が最後に掲載されていますが、それもページ数が足りないから付け足したように見えるような、唐突な付録です。講演内容以外の部分との重複などに対して何の工夫も見受けられません。

 似たような内容でありながら、読者に伝えたいという思いがもっと込められたいい本がたくさんあると思いますので、敢えてこの本を選んで読むほどのことはないように私は思います。
posted by 作楽 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック